バックアップ

iCloudでiPhoneをバックアップする方法&使える小技5つ

投稿日:

iCloudでiPhoneをバックアップする方法&使える小技5つ

Appleが提供するサービスの「iCloud」を活用していますか?

iPhoneにある各種データのバックアップや復元が可能になれば、いざというときに大いに役立ちます。

また、LINEのトーク履歴や写真の共有、場所が分からなくなったiPhoneを探せる機能なども備えています。

ここでは、iCloudでiPhoneをバックアップする方法についてご紹介していきます。

 

1.iPhoneをバックアップする前にiCloud を設定する

iCloudでiPhoneをバックアップする方法&使える小技5つ

 iCloudは、iPhoneに保存したデータのバックアップをインターネット上に保存し、パソコンやiPadなど複数の端末からいつでもアクセスできる便利なサービスです。

iCloudを設定すれば、メモやカレンダー・写真などのデータを他の端末とリアルタイムに同期させられるので、いつでも最新のデータを呼び出せます。

また、パソコンを使わなくてもiPhoneから自動的にバックアップを行えるのでとても便利です。

ここでは、iPhoneをバックアップする前にiCloudを設定する方法についてご紹介していきます。

 

①iCloudの初期設定方法

iCloudでiPhoneをバックアップする方法&使える小技5つ

「バックアップ」を利用するには、iPhone上でiCloudを設定をする必要があります。

 

設定の手順

  1. まずはiPhoneのホーム画面にある「設定」をタップ押します。
  2. 下にスクロールすると「iCloud」という項目があるので選択してください。
  3. Apple IDに登録したメールアドレスとパスワードを入力し「サインイン」をタップします。
  4. 初回のみ利用規約が表示されるので「同意する」を選択してください。
  5. 確認画面が表示されたら、再度「同意する」をタップしましょう。
  6. 上部にセキュリティと表示された画面が出てきたら「その他のオプション」を選択。
  7. 確認画面が表示されたら「アップグレードしない」を選びます。
  8. 「結合」「結合しない」と表示されるので「結合」をタップしてください。※1
  9. メッセージを確認後に「OK」を押したらiCloudの設定は完了です。

※1「結合」=初回にiCloudを設定して利用する際、iPhoneに保存されているデータをiCloud上に合わせる、というニュアンスです。不安であれば「結合しない」を選択しても問題ありません。

 

②iCloud対応機種

iCloudでiPhoneをバックアップする方法&使える小技5つ

スポンサーリンク

iCloudは以下のデバイスから利用可能です。より快適に使いたい場合は、最新のソフトウェアにアップデートしましょう。

iOS端末 Mac Windows PC
iOS 5以降を搭載したiPhone 3GS以降、iPod touch(第3世代以降)、iPad Pro、iPad Air以降、iPad以降、iPad mini以降 OS X Lion v10.7.5以降を搭載したMac Windows 7以降を搭載したWindowsパソコン

 

③iCloudでバックアップできるデータの種類

  • Appデータ
  • Apple Watchのバックアップ
  • Appleサービスからの購入履歴
  • 通話履歴
  • カメラロール
  • デバイスの設定
  • ホーム画面とアプリの配置
  • iMessageなどメッセージアプリの会話履歴
  • 着信音
  • ビジュアルボイスメールのパスワード
  • ヘルスケアデータ
  • HomeKitのデータ
  • Visual Voicemailのパスワード ※1

※1バックアップ時に使っていた SIM カードが必要です。

音楽や映画など購入したコンテンツそのものは含まれません。復元するときは、購入したAppストアから再度ダウンロード可能です。

 

2.iCloud でバックアップをする手順

iCloudでiPhoneをバックアップする方法&使える小技5つ

バックアップの設定は難しくありません。

インターネットの接続環境を整えたら、さっそくバックアップにチャレンジしてみましょう。

ここでは、iCloud でバックアップをする手順についてご紹介していきます。

 

①まずはWi-Fiに接続する

iCloudでiPhoneをバックアップする方法&使える小技5つ

iCloudにデータをバックアップするには、Wi-Fi環境が必要です。

3G・4G・LTEではバックアップは行えないので注意しましょう。

また、無料Wi-Fiは便利ですが、バックアップはできてもデータの復元は行えません。

基本的に毎日バックアップデータが更新されるので、自宅のWi-Fiに接続するのがベストです。

 

②iPhoneからバックアップを設定する

iCloudでiPhoneをバックアップする方法&使える小技5つ

「iCloud」を開いてApple IDでサインイン済みの状態からスタートしてみましょう。

 

設定の手順

  1. ホーム画面の「設定」>「自分の名前」>「iCloud」を開きます。
  2. 「バックアップ」>「iCloudバックアップ」オンにします。
  3. 以降は「Wi-Fiに接続済み」「ロック中」「充電中」の3つが揃えば自動的にiCloudにバックアップされるようになります。
  4. 操作時点でバックアップを行いたい場合は「今すぐバックアップを作成」をタップしてください。※数時間を要するケースあり
  5. バックアップが完了した時点で「前回のバックアップ」の日時が更新されます。

 

③容量不足でバックアップできないとき

iCloudでiPhoneをバックアップする方法&使える小技5つ

iCloudは「5Gバイト」までは無料ですが、5G超えてしまうと「ストレージの空き容量がない」と表示されます。

スポンサーリンク

バックアップするデータを絞り、最低限必要な情報だけ取り急ぎバックアップしてしまいましょう。

 

バックアップする項目を変更する手順

  1. 「iCloud」>「ストレージを管理」をタップしましょう。
  2. 「バックアップ」>「このiPhone」を選択し、バックアップしない項目オフにします。
  3. ビデオや写真がかなりの割合を占めているケースが多いので「フォトライブラリ」オフにするのがおすすめです。

 

iCloudのアップグレード料金とストレージ容量

5GB 無料
50GB 月額130円
200GB 月額400円
2TB 月額1,300円

最大2TBのプランまで選べる有料プランへアップグレードすれば、容量を気にせずにiPhoneを使えます。

お金を掛けたくなければ、写真」>「iCloudフォトライブラリ」オフにしておきましょう。

既に容量が足りていない状況であれば、「iCloudフォトライブラリ」>「無効にして削除」を選択します。

 

iCloudと他のクラウドサービスを併用してもOK

iCloudストレージの容量を買い足したくない場合は、Googleフォトや、Amazon Drive(Amazonプライム会員なら5Gまで無料)を併用して使えばお得です。

また、初期投資は掛かりますが、「Lightning端子(充電する際に使う端子)」に直接させるUSBメモリーを購入してしまう方法もあります。

 

3.iPhoneのバックアップ&同期して使える小技5つ

iCloudでiPhoneをバックアップする方法&使える小技5つ

iCloudを使えばiPhoneの多彩な機能を使いこなせます。

ここでは、iPhoneのバックアップデータを同期して使える小技5つについてご紹介していきます。

 

①iPhoneに保存したメモや予定を調整

iCloudでiPhoneをバックアップする方法&使える小技5つ

携帯用にiPhone、仕事用にWindowsのパソコン、趣味にiPad…というように複数の端末を使っているときに便利なのが同期機能

iCloudがオンになっている状態だと、どの端末からもメモやカレンダー、連絡先を追加・修正・削除できます。

GoogleカレンダーもiPhoneと同期可能なので、急な日程変更もサッとスケジュールを修正すればミスが減りますよ。

 

②大量の写真を家族や友人と共有できる

iCloudでiPhoneをバックアップする方法&使える小技5つ

イベント時に大量に写真を撮ったはいいけれど、家族や友人と共有するにもデータが大きすぎる…なんてことはありませんか?

操作は簡単です。「設定」>「自分の名前」>「iCloud」>「写真」の順に選択して、「iCloud 写真共有」オンになっているか確認してください。

ホーム画面から「写真」アイコンを選択し、画面下にある「共有(雲のアイコン)」を選びます。アルバム名招待したい人を連絡先から選び、「作成」を押せばOKです。

お互いに撮影した写真を共有できるので、メールに添付する手間が省けますね。

 

③紛失したときに「iPhoneを探す」が使える

iCloudでiPhoneをバックアップする方法&使える小技5つ

さっきまで自分の手に持っていたのにiPhoneが見当たらない、外出先でどこかに置いてきてしまった…誰もが1度は経験したことがあるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

「iPhoneを探す」はiCloudにサインインすれば自動的にオンになっているのでご安心ください。

手元にある端末から「iCloud」>「iPhoneを探す」をタップすればiPhoneの現在地が地図上に表示されます。

必要があれば音を鳴らす、ロックする、データを消去するなどの操作が可能です。

いざというときに情報漏洩を防ぐことができるので、ビジネスで使用している方はぜひ活用してくださいね。

 

④PCにあるデータを「iCloud Drive」で管理

iCloudでiPhoneをバックアップする方法&使える小技5つ

「iCloud Drive」はクラウド上にあるフォルダのようなイメージです。

プレゼンテーションスプレッドシートPDF写真などさまざまなファイルを保存しておけます。

閲覧に必要なアプリはAppストアからダウンロード可能、複数のアプリから1つのファイルを共有できますよ。

iPhoneからは「設定」>「iCloud」>「iCloud Drive」オン、さらに「ホーム画面に表示」オンにすれば簡単にアクセスできます。

 

⑤LINEのトーク履歴もバックアップできる

iCloudでiPhoneをバックアップする方法&使える小技5つ

iPhoneのLINEアプリはiCloudを利用してLINEトーク履歴をバックアップできます。

iPhoneを買い替えたときに履歴の引き継ぎが可能で、端末の紛失時はアプリを再インストールすればトーク履歴が復活します。

 

買い替え時のLINEトーク履歴引き継ぎ手順

  1. 買い替え前iPhoneの「iCloud Drive」をオンにしてLINEアプリを開きます。
  2. 「その他(…)」>「歯車マーク」>「トーク・通話」>「トークのバックアップ」と選択。
  3. Wi-Fi接続して「今すぐバックアップ」をタップします。
  4. 表示が「バックアップ完了」となればOKです。

 

まとめ

いかがでしたか?

iCloudを活用してiPhoneにあるデータをバックアップしておけば安心ですね。​

USBメモリや外付けハードディスクが必要ないので、データそのものを紛失する心配もありません。

初回のバックアップは数時間かかるケースもあるので、時間に余裕があるときに実践してみてくださいね。


関連記事

-バックアップ

Copyright© iphoneの便利機能まとめ│今すぐ使いたくなる便利機能を紹介 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.