アップデート

【iPhone】iOSアップデートができない原因とエラーの対処法

更新日:

【iPhone】iOSアップデートができない原因とエラーの対処法

iOSソフトウェアのアップデートの手順を進めている途中で、エラーメッセージが表示され、ダウンロードを完了できない場合があります。

「アップデートを検証できません」「アップデートを確認できません」など、原因によってエラーメッセージの内容は異なります。

ここでは、iPhoneのiOSアップデートができない原因とエラー別の対処法についてご紹介していきます。

 

1.「“iOS X.X.X” を検証できませんでした​」と表示されてiPhoneのアップデートができないケース

【iPhone】iOSアップデートができない原因とエラーの対処法

iOSソフトウェアのアップデートを進めていて、表示された利用規約に「同意する」をタップしたとき、「アップデートを検証できません」とエラーが表示されます。

下部に「インターネットへの接続が解除されているため~」との記載がありますが、他のアプリは使えて、Wi-Fi環境に接続されている扇マークのアイコンが表示されていれば通信環境に不具合はありません。

ここでは、「“iOS X.X.X” を検証できませんでした​」と表示されてiPhoneのアップデートができないケースについてご紹介していきます。

 

①対策は「古いiOSソフトウェアを削除する」

「“iOS X.X.X” を検証できませんでした​」と表示されるエラーは、ダウンロード済みのiOSアップデートファイルが最新ではなく、すでに期限が切れている状況です。

同じ原因で「iPhoneを復元できませんでした。不明なエラーが発生しました (エラー番号)」があります。

このようなエラーが出たら、現時点でiPhoneにダウンロードされている古いiOSソフトウェアを削除する必要があります。

削除してから再度iOSソフトウェアのアップデートを実行すれば、最新のアップデートがダウンロードされます。

 

②iPhoneから古いiOSを削除する手順

  1. ホーム画面にある「設定」アイコンから「一般」「ストレージとiCloud使用状況」「ストレージを管理」をタップします。
  2. アプリ一覧から「iOS X.X.X」を探してタップし、「アップデートを削除」>再度「アップデートを削除」を選択します。
  3. アップデートファイルが削除されてストレージ容量が減ります。
  4. iOSソフトウェアのアップデートを再度行う場合​は、「設定」「ソフトウェアアップデート」を選択します。

 

2.「アップデートを確認できません​」と表示されてiPhoneのアップデートができないケース

【iPhone】iOSアップデートができない原因とエラーの対処法

iPhoneからiOSをダウンロードするには、Wi-Fi環境が必要​です。

スポンサーリンク

ソフトウェアが iOS 5以降の場合​はWi-Fiを経由てiPhoneのみでアップデートができますが、ソフトウェアが iOS 4以前のバージョンだとiTunesをダウンロードしたパソコンに接続する必要があります。

ここでは、「アップデートを確認できません​」と表示されてiPhoneのアップデートができないケースについてご紹介していきます。

 

①Wi-Fiの接続状況を確認する

アップデートを確認できない状況は、ネットワーク処理で問題が起きている場合があります。

画面上部にあるWi-Fiの扇マークのアイコンで電話強度を確認し、safariや他のアプリでWi-Fiが使用できているか確認してみてください。

Wi-Fi接続が切れていれば、ホーム画面にある「設定」から「Wi-Fi」を選択し、通信強度に問題のないネットワークを選択してから再度チャレンジしてみてください。

 

②Wi-Fi環境がなければ無料の公衆無線LANサービスを利用する

コンビニや飲食店などさまざまなスポットで無料の公衆無線LANサービスにアクセスできます。

キャリアや提携企業によってサービス名称とアクセスポイント名称が異なるので、事前にWebでチェックしておきましょう。

初回ログイン時には新規会員登録(無料)が必要なケースがほとんど​なので、登録途中にメルマガの登録欄があるので、不要な場合はチェックを外しましょう。

iOSソフトウェアのアップデートは約20分~数時間が必要ですので、注意が必要です。

各キャリア提供の無線LANスポット キャリアを選ばない無料の公衆無線LANスポット(一部抜粋)
 

 

4「~MG以上の空きがないとインストールできない」​と表示された場合

3.「~GB以上の容量が必要​」と表示されてiPhoneのアップデートができないケース

【iPhone】iOSアップデートができない原因とエラーの対処法

iPhoneには16・32・64・128GBの本体容量がありますが、いざ使用してみるとオーバーしてしまうことも。

実際に使えるのは全体の10~15%程度なので、いざiOSソフトウェアのアップデートするときに空き容量が足りないと表示されてしまいます。

iPhoneの容量がギリギリであれば、不要のコンテンツを削除するか移動して空き容量を広げなければなりません。

ここでは、「~GB以上の容量が必要​」と表示されてiPhoneのアップデートができないケースについてご紹介していきます。

スポンサーリンク

 

①iCloudのストレージをアップグレードする(有料)

iCloudは「5Gバイト」までは無料ですが、5G超えてしまうと有料プランにアップグレードするかどうか選べます。​

最安プランは50BBで130円なので、iCloudフォトライブラリをよく使う方は検討してみるとよいでしょう。

※iCloud のストレージプランと料金はこちら

※ストレージプランの購入方法はこちら

 

②無料のオンラインストレージサービスを利用する

パソコンとiPhoneを接続すれば写真やビデオなどのデータを移行できますが、バックアップも兼ねたいという方は多いのではないでしょうか?

iCloudで有料プランに移行したくなければ、無料のオンラインストレージサービスがおすすめです。

定番のオンラインストレージサービス 無料の範囲
Googleフォト 無制限で写真のバックアップができる
Dropbox 初期は2GB無料、招待1人につき500MB追加(最大20GB程度)
OneDrive 15GBまで無料、招待1人につき500MB追加
Google Drive 15GBまで無料、Gmailも含まれる

 

4.いろいろ試してもiPhoneのアップデートができない場合

【iPhone】iOSアップデートができない原因とエラーの対処法

「“iOS X.X.X” を検証できませんでした​」「アップデートを確認できません​」などのエラーが出て、今までご紹介した方法を試しても状況が解決しないケースもあります。

ソフトウェアを削除してもiPhoneのiOSソフトウェアのアップデートができない場合は、本体やサーバー自体にエラーが生じている場合があります。

ここでは、いろいろ試してもiPhoneのアップデートができない場合についてご紹介していきます。

 

①iPhoneを再起動してみる

iPhoneにインストールされているiOSソフトウェアに何らかの問題が生じている場合は、iPhoneを再起動すればエラーが解消されることがあります。

操作方法は、iPhoneの側面にある「スリープスイッチ」を長押して、画面に表示される「電源オフ」をスライドします。

起動させるときは、「スリープスイッチ」を長押しすればOKです。

 

②障害情報をWebでチェックする

iOSソフトウェアのアップデートがリリースされた直後は、ユーザーが殺到してサーバーがダウンしてしまう場合があります。

大規模な通信障害が生じていときは、WebやTwitterで「iPhone アップデート」「アップデート ダウンロードできない」など検索​して、最新情報をチェックしてみましょう。

 

まとめ

いかがでしたか?

iPhoneを快適に使用するためには、iOSのアップデートは不可欠です。

アップデートしていないiPhoneで利用を続けると、相対的に脆弱であるということになります。

しかし、iOSソフトウェアのアップデートしたことで、現在使ってるアプリがバージョンに追い付かずに使えなくなるケースもあります。

事前にアップデートの内容を検索・確認してから実行すれば失敗がありませんよ。

スポンサーリンク


関連記事

-アップデート

Copyright© iphoneの便利機能まとめ│今すぐ使いたくなる便利機能を紹介 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.