カレンダー 便利機能

【iPhone】カレンダーの設定方法!使いこなすためのコツ8つ

投稿日:

【iPhone】カレンダーの設定方法!使いこなすためのコツ8つ

iPhoneやスマホが普及してきて、色々な機能を端末で一括に管理できるようになりました。

例えば、“カレンダー”なんかはその中でも代表的な便利ツールですね。

今の時代でも紙の手帳を愛用する人は少なくありませんが、iPhoneの標準アプリである「カレンダー」を使ってスケジュール管理をする方法がかなりおすすめです。

中には、「iPhoneのカレンダーはあまり使えない」と嘆いている方も多いのでしょうか?

そんな方は、あまり上手にカレンダーの機能を使いこなせていないのかもしれません。

今回は、カレンダーの基本的な設定方法と使いこなすコツを紹介していきます。

iPhoneを使って徹底的なスケジュール管理をしていきましょう!

 

1.iPhoneのアプリでカレンダーを管理するメリット・デメリット

【iPhone】カレンダーの設定方法!使いこなすためのコツ8つ
iPhoneでスケジュールを管理するのが便利だ!

と言っても、「やっぱり紙の手帳を使ってスケジュールを管理する方が良い」という方もいるかもしれません。

まずはiPhoneのアプリでスケジュールを管理するメリットとデメリットについて箇条書きで解説していきます。

 

①メリット

【iPhone】カレンダーの設定方法!使いこなすためのコツ8つ

  • ペンが無くても気軽にスケジュールの記録ができる
  • 終了したスケジュールは削除することができる
  • 記入した予定がなくなっても簡単に日付や内容の変更ができる
  • アラーム機能を追加すれば予定のど忘れを防ぐことができる
  • 予定と一緒に画像やファイルなども管理することができる

 

②デメリット

【iPhone】カレンダーの設定方法!使いこなすためのコツ8つ

  • 一度スケジュールを削除してしまうと復元できない
  • iPhoneの充電が切れた時にスケジュールの確認ができない

 

2.iPhoneの標準アプリ「カレンダー」の基本的な使い方

【iPhone】カレンダーの設定方法!使いこなすためのコツ8つ
iPhoneのカレンダーにはメリット・デメリットとそれぞれありますが、そこまで大きなデメリットは見つからないので是非活用してほしいツールです。

スポンサーリンク

下記にはiPhoneの標準アプリ「カレンダー」の基本的な使い方を解説していきますので、ぜひご参考ください。

 

①「月間カレンダー」の使い方

ホーム画面からカレンダーアプリを起動します。

【iPhone】カレンダーの設定方法!使いこなすためのコツ8つ

起動すると、自動的に月間カレンダーが表示されます。

【iPhone】カレンダーの設定方法!使いこなすためのコツ8つ

赤丸で表示されている箇所が本日の日付で、グレーの小さな丸が付いている日付は祝日や予定が登録されている表示です。

上下にスライドすることで、

【iPhone】カレンダーの設定方法!使いこなすためのコツ8つ

前後の月に飛ぶことができます。

 

②「年間カレンダー」の使い方

【iPhone】カレンダーの設定方法!使いこなすためのコツ8つ

画面左上の西暦をタップすると、年間カレンダーが表示されます。

【iPhone】カレンダーの設定方法!使いこなすためのコツ8つ

上記と同様、上下にスライドすることで、

【iPhone】カレンダーの設定方法!使いこなすためのコツ8つ

前後の年のカレンダーに飛ぶことができます。

 

③「週間カレンダー」の使い方

【iPhone】カレンダーの設定方法!使いこなすためのコツ8つ
意外と知られていませんが、iPhoneを横向きにすると週間カレンダーが表示されます。

スポンサーリンク

  • 左右にスライド…前後の週が表示される
  • 上下にスライド…前後の時間が表示される

ただし、iPhoneの画面の回転がロックされていると週間カレンダーを表示させることができないので、コントロールセンターを開き、

【iPhone】カレンダーの設定方法!使いこなすためのコツ8つ

上の画像の表示をタップして回転ロックを解除しましょう。

※上の画像のようにグレーになっていれば回転ロックが解除されている証拠です。

 

④「一日のスケジュール」の使い方

月間カレンダーの表示中に、スケジュールを確認したい日付をタップします。

【iPhone】カレンダーの設定方法!使いこなすためのコツ8つ

その日のスケジュールが表示されます。

【iPhone】カレンダーの設定方法!使いこなすためのコツ8つ

月間カレンダーに戻りたい場合は、左上の月をタップしましょう。

 

⑤予定を追加する方法

予定を追加したい場合は、カレンダーを開いて右上の「+」マークをタップします。

【iPhone】カレンダーの設定方法!使いこなすためのコツ8つ

「新規イベント」というページが表示されるので、タイトルや場所、開始時間などを設定しましょう。

【iPhone】カレンダーの設定方法!使いこなすためのコツ8つ

時間を設定して「通知」設定をすると、その時間になったときにアラームで知らせてくれるのでとても便利です。

 

3.iPhoneの「カレンダー」でスケジュールを使いこなすコツ8選

【iPhone】カレンダーの設定方法!使いこなすためのコツ8つ
iPhoneのカレンダーを使ってスケジュール管理を使いこなすには、ちょっとしたコツを駆使する必要があります。

簡単なのでぜひ参考にして、カレンダーを使いこなしてください!

 

①予定は細部までしっかり記入する

iPhoneのカレンダーアプリには、ひとつの予定に対して記入できる項目が非常に多いです。

紙のスケジュール帳に慣れていると入力が面倒だと思ってしまうかもしれませんが、紙のスケジュール帳にはできないデジタルならではの機能があるのでとても便利です。

例えば、通知設定は、予定時刻のちょうどか、5分前、15分前、30分前、1時間前などにアラームが鳴るよう設定することができます。

【iPhone】カレンダーの設定方法!使いこなすためのコツ8つ

スポンサーリンク

紙のスケジュール帳の場合は、いちいち開いて自分の目で確認しなければいけませんが、iPhoneのカレンダーの場合はこのように通知でお知らせしてくれるので、ウッカリ忘れてしまった…なんて事態を防ぐことができるのです。

 

②家族と予定を共有する

iPhoneのカレンダーは、自分だけのカレンダーだけではなく家族との共有カレンダーを作ることも可能です。

家族で共有するカレンダーを作る場合は、iCloudでの設定が必要になります。

まず、設定からiCloudを開き、

【iPhone】カレンダーの設定方法!使いこなすためのコツ8つ

ファミリー共有を設定>さぁ、はじめよう! の順でタップしていってください。

【iPhone】カレンダーの設定方法!使いこなすためのコツ8つ

続ける>次に進む の順で選択し、

【iPhone】カレンダーの設定方法!使いこなすためのコツ8つ

更に、次に進む>をタップしましょう。

自分の位置情報を家族に共有したい場合は「位置情報を共有」をタップ、後で設定する場合は「あとで」をタップしてください。

【iPhone】カレンダーの設定方法!使いこなすためのコツ8つ

ファミリー共有を始める準備が整ったので、画面の指示に従って家族の情報を追加していきましょう。

上記の設定をすることで、カレンダーに「Family」というカレンダーが追加されます。

家族共有のカレンダーを開く方法は、月間カレンダーの下の「カレンダー」をタップし、

【iPhone】カレンダーの設定方法!使いこなすためのコツ8つ

追加された「Family」を選択するだけです。

【iPhone】カレンダーの設定方法!使いこなすためのコツ8つ

ファミリー共有のカレンダーに追加した予定は、追加されている家族で共有することができます。

 

③メールに記載された日時からイベントを追加する

iPhoneのカレンダーは、iPhone内のアプリとの連携が非常にスムーズです。

例えば、日時が記載されたメールなどから、タップするだけで簡単にカレンダーへ予定を追加することができます

【iPhone】カレンダーの設定方法!使いこなすためのコツ8つ

そのままの日時を自動で設定してくれるので、手間が省けますね。

【iPhone】カレンダーの設定方法!使いこなすためのコツ8つ

メールだけではなく、メッセージやメモ帳などに日付が記載されている場合は、そちらからでもワンタップで簡単に予定追加が可能です。

 

④予定はドラッグで移動が可能

決まっていた予定の日付や時間が変更になった…

そんなとき、いちいち登録してある予定を開いて書き直して…という設定をするのは非常に面倒臭いですよね。

実は、iPhoneのカレンダーでは簡単に予定の日付や時間変更が可能です。

やり方は、iPhoneを横画面表示(週間カレンダー表示)にして、予定を長押しして変更された日時や時間の場所にドラックするだけ。

【iPhone】カレンダーの設定方法!使いこなすためのコツ8つ

横向きにしてカレンダーを使用することが少ないので気付かない人も多いですが、覚えておくととても便利です。

 

⑤1分刻みから5分刻みに変更が可能

カレンダーの予定追加で開始時間を設定する際、基本は1分刻みになっています。

おそらく、そこまで細かくスケジュールを管理するという方はいないと思うので、そんな方は5分刻みに変更しちゃいましょう。

時間を入力する際、時間の部分を2回タップするだけで、5分刻みに変更することができます。

【iPhone】カレンダーの設定方法!使いこなすためのコツ8つ

便利なのでぜひお試しあれ。

 

⑥スケジュールの入力時間を短縮する方法

カレンダーで予定を入力する際、通知設定ができるのはとても便利ですが、毎回設定するのは面倒ですし時間がかかりますよね。

実は、デフォルトの通知時間を設定することが可能です。

設定方法は、設定>カレンダー>デフォルトの通知の時間 の順に選択していきます。

【iPhone】カレンダーの設定方法!使いこなすためのコツ8つ

項目ごとにデフォルトの通知の時間が設定できるページが表示されるので、お好みの時間を設定しましょう。

【iPhone】カレンダーの設定方法!使いこなすためのコツ8つ

誕生日、イベント、終日イベントと個別に設定することができるので便利です。

 

⑦乗り換え情報はカレンダーに追加が可能

iPhoneのカレンダーは、乗り換え情報アプリの「Yahoo!乗換案内」と連携することができます。

追加方法はとても簡単で、経路検索をした状態で「カレンダーに保存」をタップするだけ。

【iPhone】カレンダーの設定方法!使いこなすためのコツ8つ

開始時間が電車(新幹線)の出発時間、終了時間が到着時間となってイベントとして追加することができます。

【iPhone】カレンダーの設定方法!使いこなすためのコツ8つ

もちろん通知設定もできるので、乗り遅れを防ぐことも可能ですね。

旅行や出張時に役立ちますのでお試しあれ!

 

⑧天気予報をカレンダーに追加する方法

なんと、iPhoneのカレンダーには天気予報機能を追加することも可能です。

まず、Safariを開いて「livedoor 天気情報」にアクセスしましょう。

画面上のURL欄をタップし、「デスクトップ用サイトを表示」をタップしてください。

【iPhone】カレンダーの設定方法!使いこなすためのコツ8つ

表示されたサイトから「Weather Hacks」>「iCal天気詳細」の順で選択していきましょう。

【iPhone】カレンダーの設定方法!使いこなすためのコツ8つ

地域名の一覧が表示されるので、天気予報を追加したい地域の「WebCal方式」をタップします。

【iPhone】カレンダーの設定方法!使いこなすためのコツ8つ

カレンダーの照会の警告が表示されるので、紹介>イベント表示 の順で選択してください。

【iPhone】カレンダーの設定方法!使いこなすためのコツ8つ

これで、天気予報が追加されるようになります。

 

まとめ

【iPhone】カレンダーの設定方法!使いこなすためのコツ8つ
今回は、カレンダーの基本的な設定方法と使いこなすコツを紹介していきました。

今回の紹介で、iPhoneのカレンダーがどれだけ便利な機能なのか理解いただけたのではないでしょうか?

もちろん、全て無料でここまでの機能が利用できるので、ぜひ今日からカレンダーを使いこなして徹底的なスケジュール管理を行ってください!


関連記事

-カレンダー, 便利機能

Copyright© iphoneの便利機能まとめ│今すぐ使いたくなる便利機能を紹介 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.