ワード・エクセル

【iPhone】エクセルの使い方!書類作成・編集方法まとめ

更新日:

【iPhone】エクセルの使い方!書類作成・編集方法まとめ

エクセルやワードなどの書類作成ツールですが、パソコンでしか使用できないと思っていませんか?

実は、iPhoneでもエクセルを使って書類作成をしたり、パソコンで作成した書類をiPhoneで編集したりすることができるんです。

今回は、iPhoneのエクセルの使い方をまとめていきます。

出先での書類作成などに役立つのでぜひご参考ください。

 

1.iPhoneのエクセルのインストール方法・利用する際の注意点

【iPhone】エクセルの使い方!書類作成・編集方法まとめ
エクセルだけではなく、ワードやパワーポイントなど、App StoreからiPhoneに無料でインストールすることができます。

下記にインストール方法やエクセルでのファイル編集で必要なことなどを解説していきます。

 

①エクセルのインストール方法

【iPhone】エクセルの使い方!書類作成・編集方法まとめ
iPhoneにインストールできるMicrosoft officeの各アプリは以下のとおりです。

  • Microsoft Excel
  • Microsoft Word
  • Microsoft Powerpoint
  • Microsoft OneNote
  • Microsoft Outlook
  • Microsoft OneDrive

App Storeで上記のキーワードを入力して検索することでインストールが可能です。

 

②iPhoneのエクセルでファイルを編集するために必要なこと

【iPhone】エクセルの使い方!書類作成・編集方法まとめ
iPhoneにエクセルをインストールしただけでは、“ファイルの閲覧”のみが可能になるだけです。

エクセルファイルを編集したい場合は、Microsoftアカウントでログインする必要があるので、アカウントを持っていない方はあらかじめ作成しておきましょう

※Microsoftアカウントは無料で取得可能です。

 

③無料利用の場合は一部の機能が制限される

【iPhone】エクセルの使い方!書類作成・編集方法まとめ
iPhoneのエクセルは、基本的な操作が可能ですが無料で利用する場合は一部の機能が制限されます

  • ピボットテーブルのスタイルとレイアウトのカスタマイズ
  • 図形へのユーザー設定の色の追加
  • ワードアートの挿入・編集
  • 画像への影と反射のスタイルの追加
  • グラフ要素の追加・修正

上記の機能を利用するためには「Office 365」の契約が必要になります。

スポンサーリンク

 

2.iPhoneのエクセルで書類作成・編集する方法

iPhoneのエクセルアプリを起動すると、各テンプレートが選べる画面が表示されます。

【iPhone】エクセルの使い方!書類作成・編集方法まとめ

年次会計報告書やカレンダー、経費明細書、家計簿などがテンプレートになっていてとても便利です。

イチから書類を作成する場合は、空白のブックを選択しましょう。

【iPhone】エクセルの使い方!書類作成・編集方法まとめ

エクセルアプリでの編集画面は、パソコンのエクセルとほとんど変わりません。

右下または左上の緑の丸いボタンをタップしながら移動させると選択エリアを広げることができ、選択エリアを長押しすることでカット、コピー、ペースト、クリアなどのメニューを表示させることができます。

【iPhone】エクセルの使い方!書類作成・編集方法まとめ

列や行の選択も可能です。

列や行の編集は、カット、コピー、ペースト、左(上)に列を挿入、削除、クリア、非表示、自動調整が可能です。

【iPhone】エクセルの使い方!書類作成・編集方法まとめ

文字を入力したいセルを選択し、上部の「ここに入力」をタップすることでキーボードが表示され、入力が可能になります。

【iPhone】エクセルの使い方!書類作成・編集方法まとめ

もちろん、関数を呼び出すことも可能です。

文字や表の装飾をするには、上部メニューの「A」マークをタップします。

【iPhone】エクセルの使い方!書類作成・編集方法まとめ

スポンサーリンク

画面の下部に下記のような装飾メニューが表示されるので、好きな様に装飾していきましょう。

【iPhone】エクセルの使い方!書類作成・編集方法まとめ

  • フォントの変更
  • 斜め文字
  • 下線
  • セルの罫線
  • セルの結合
  • 並べ替え
  • フィルター
  • 塗りつぶしの色
  • フォントの色
    など

 

3.iPhoneのエクセルでできる全編集メニュー一覧

【iPhone】エクセルの使い方!書類作成・編集方法まとめ
ホームをタップすることで、更にエクセルでお馴染みのメニューが表示されます。

下記に全編集メニューの一覧を紹介していきます。

 

①挿入

【iPhone】エクセルの使い方!書類作成・編集方法まとめ
「挿入」タブをタップすることで、機能メニューに切り替わります。

テーブル、おすすめ、グラフ、画像、図形、テキストボックス などの機能が利用できます。

 

②数式

【iPhone】エクセルの使い方!書類作成・編集方法まとめ
「数式」タブをタップすることで、機能メニューに切り替わります。

オートSUM、最近使ったもの、財務、論理、文字列操作、日付/時刻、検索/行列、数字/三角、その他の関数、計算 などの機能が利用できます。

 

③校閲

【iPhone】エクセルの使い方!書類作成・編集方法まとめ
「校閲」タブをタップすることで、機能メニューに切り替わります。

前へ、次へ、コメントの表示、すべて表示、コメントの削除 などの機能が利用できます。

 

④表示

【iPhone】エクセルの使い方!書類作成・編集方法まとめ
「表示」タブをタップすることで、機能メニューに切り替わります。

数式バー、目盛線、見出し、シート見出し、ウインドウ枠の固定、先頭行の固定、先頭列の固定 などの機能が利用できます。

 

4.パソコンで作成したエクセルデータをiPhoneで閲覧・編集する方法

【iPhone】エクセルの使い方!書類作成・編集方法まとめ
iPhoneでは、普段利用しているパソコンのエクセルを同期させて、閲覧や編集することも可能です。

iPhoneのエクセルとパソコンのエクセルを同期させるためには、DropBoxとの連携が必要になります。

まずは、iPhoneにDropBoxのアプリをインストールし、DropBoxのアカウントを作成しておきましょう。

iPhoneのエクセルのトップページから、アカウント>サービスの追加>DropBoxの順にタップしていきます。

【iPhone】エクセルの使い方!書類作成・編集方法まとめ

DropBoxアプリが開くので連携を許可すると、自動でエクセルアプリに戻ります。

下の画像のように、連続済みサービスの項目に「DropBox-個人用」と表示されれば連携完了です。

パソコンのエクセルデータを呼び出すには、下部メニューの「開く」を選択し、

スポンサーリンク

【iPhone】エクセルの使い方!書類作成・編集方法まとめ

DropBoxをタップします。

【iPhone】エクセルの使い方!書類作成・編集方法まとめ

DropBoxのフォルダが表示されるので、該当のファイルを選び閲覧・編集しましょう。

 

まとめ

【iPhone】エクセルの使い方!書類作成・編集方法まとめ
今回は、iPhoneのエクセルの使い方をまとめていきました。

普段パソコンのエクセルで操作している項目がiPhoneでも操作可能になるエクセルアプリ、とても便利です。

例えば、会社のデスクでザックリ資料を作り、出先への移動中の電車内でiPhoneを使って微調整する!

なんてことも可能なので、ぜひiPhoneにエクセルアプリをインストールして、活用的に利用してみてください。


関連記事

-ワード・エクセル

Copyright© iphoneの便利機能まとめ│今すぐ使いたくなる便利機能を紹介 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.