フリーズ 不具合・トラブル解消

【iPhone】画面がフリーズしたときの原因と、7つの対処法

更新日:

【iPhone】画面がフリーズしたときの原因と、7つの対処法

iPhoneを使用していると、突然画面がフリーズしてしまうことがあります。

特にiPhoneを購入して数年経った端末に多い症状です。

タッチパネルを搭載したiPhoneの画面がフリーズしてしまうと、一切操作ができなくなってしまうのでどうすればいいのか…とつい焦ってしまいますが心配はいりません。

今回は、iPhoneの画面がフリーズしたときの原因と対処法を解説していきます。

iPhoneユーザーなら一度は経験のある症状だと思うのでぜひ参考にしてください。

 

1.iPhoneがフリーズする原因は主に2パターン

【iPhone】画面がフリーズしたときの原因と、7つの対処法
iPhoneがフリーズする原因は、大きく分けて2パターンあります。

 

①システム的な原因

【iPhone】画面がフリーズしたときの原因と、7つの対処法
まずひとつめの原因は、iOSが不安定になったり、アプリやソフトウェアに何らかの問題があったりしてフリーズしてしまう…というシステム的なものです。

特にiPhoneではアプリに問題が発生することが多くあります。

 

②物理的な原因

【iPhone】画面がフリーズしたときの原因と、7つの対処法
次に考えられるのが、基盤の問題やバッテリーの膨張、落下や水漏れの影響、本体の湾曲、画面割れ、画面のフィルムなどによる物理的な原因です。

 

2.iPhoneがフリーズする原因を4つの症状別に解説

【iPhone】画面がフリーズしたときの原因と、7つの対処法
上記では、iPhoneがフリーズする原因は大きく分けて2つあると解説しました。

この2つの原因を更に深堀していくと、複数の原因が浮上してきます。

どんな原因があるのでしょうか?

4つの症状別に原因を解説していきます。

スポンサーリンク

 

①「アプリの使用中」にiPhoneがフリーズする場合

【iPhone】画面がフリーズしたときの原因と、7つの対処法
アプリの使用中にiPhoneがフリーズしてしまうことがあります。

それには、iOSの挙動が不安定な原因と、アプリのソフトウェアにある何らかの問題が原因になっています。

 

②「ホーム画面」でiPhoneが急にフリーズする場合

【iPhone】画面がフリーズしたときの原因と、7つの対処法
ホーム画面を開いているときにiPhoneがフリーズしてしまうことがあるのですが、下記のように多くの原因が考えられます。

  • 画面に貼ってあるフィルムが原因になっている
  • バッテリーの膨張が原因になっている
  • 画面割れが原因になっている
  • ソフトウェアの問題が原因になっている
  • ディスプレイに問題があり原因になっている
  • iPhoneの落下、水漏れ、湾曲が原因になっている

ホーム画面でiPhoneがフリーズする場合は、主に物理的な原因が考えられます。

 

③「Apple ロゴの画面」でiPhoneがフリーズする場合

【iPhone】画面がフリーズしたときの原因と、7つの対処法
iPhoneでお馴染みのApple ロゴ(リンゴマーク)のままフリーズしてしまう場合があります。

これには、ソフトウェアに何らかの問題があるか、基盤の問題が原因になっています。

 

④「iTunesの接続画面」でiPhoneがフリーズする場合

【iPhone】画面がフリーズしたときの原因と、7つの対処法
iPhoneをiTunesに接続している再、接続画面でフリーズしてしまう場合があります。

これには、アップデートやバックアップが上手くいっていないという原因が考えられます。

 

3.「フリーズ問題」を対処する前に準備しておくべきこと

【iPhone】画面がフリーズしたときの原因と、7つの対処法
iPhoneのフリーズ問題を対処する前に、必ずバックアップをしておきましょう。

対処中にiPhoneのデータが消失してしまう可能性など考えられます。

 

4.iPhoneがフリーズしたときの7つの対処法

【iPhone】画面がフリーズしたときの原因と、7つの対処法
iPhoneがフリーズしたときの対処法を7つ解説していきます。

フリーズした際の症状によって対処法が異なるので、しっかり確認して対処していきましょう。

 

①強制終了する

iPhoneがフリーズしたときは、まずはじめに強制終了を試みましょう。

大きな問題がなければ基本的に強制終了で治ります。

強制終了の方法はiPhoneのモデルによって異なるので、それぞれ下記に解説していきます。

iPhone 6s以前は、電源ボタンとホームボタンを同時に長押します。

スポンサーリンク

【iPhone】画面がフリーズしたときの原因と、7つの対処法

iPhone 7と8ではホームボタンの仕様が変更されたため従来の強制終了とは一味違い、電源ボタンとボリュームボタンを同時に長押しすることで強制終了がされます。

【iPhone】画面がフリーズしたときの原因と、7つの対処法

iPhone Xの場合はホームボタンがないので、強制終了は少し複雑な方法になります。

【iPhone】画面がフリーズしたときの原因と、7つの対処法上のボリュームボタンを1回押す→下のボリュームボタンを1回押す→電源ボタンを長押し という流れになります。

 

②マルチタスクを削除する

アプリの使用中にiPhoneがフリーズする場合は、マルチタスクの削除を行ってみましょう。

ホームボダンを2回素早く押すと、バックグラウンドで起動しているアプリの一覧が開きます。

【iPhone】画面がフリーズしたときの原因と、7つの対処法

上にスワイプすることでマルチタスクを削除することができるので、一旦起動しているすべてのアプリを終了させてフリーズが治るかどうか確認してみてください。

 

③アプリやiOSを最新バージョンにアップデートする

【iPhone】画面がフリーズしたときの原因と、7つの対処法アプリの使用中にフリーズしてしまう場合は、そのアプリが最新のバージョンになっているかを確認して、なっていなければアップデートしましょう。

また、アプリの使用中ではなくホーム画面などでフリーズしてしまう場合は、お使いのiPhoneのiOSが最新のバージョンかを確認して、アップデートを行ってください。

 

④アプリを再インストールする

アプリの使用中にフリーズしてしまう場合で、最新バージョンにしても改善しない場合は、アプリを一度削除してから再インストールしてみましょう。

その際、アプリを完全に削除してしまうとアプリ内のデータが消えてしまうので下記の方法をご参考ください。

アプリ>一般>iPhoneストレージ の順に選択していき、

【iPhone】画面がフリーズしたときの原因と、7つの対処法

再インストールしたいアプリをタップし、「Appを取り除く」を選択します。

【iPhone】画面がフリーズしたときの原因と、7つの対処法

この方法で、アプリ内のデータを残したまま再インストールすることが可能です。

 

⑤iPhoneを初期化する

上記の方法でフリーズ問題が改善されなかった場合は、iPhoneの初期化を検討してみましょう。

iPhoneの初期化の方法は、設定>一般>リセット の順で選択していき、

スポンサーリンク

【iPhone】画面がフリーズしたときの原因と、7つの対処法

「すべてのコンテンツと設定を消去」をタップして、パスコードを入力します。

【iPhone】画面がフリーズしたときの原因と、7つの対処法

最後に「iPhoneを消去」をタップすると、初期化が開始されます。

【iPhone】画面がフリーズしたときの原因と、7つの対処法

※バックアップをしっかりとっておきましょう。

 

⑥画面フィルムを剥がす

【iPhone】画面がフリーズしたときの原因と、7つの対処法
iPhoneの画面にフィルムを貼っている場合、それが原因でフリーズしてしまうことがあるので、フィルムを剥がすことでフリーズが改善されるかを確認してみましょう。

 

⑦バッテリーを交換する

【iPhone】画面がフリーズしたときの原因と、7つの対処法iPhoneのバッテリーが膨張しているのが原因でフリーズしてしまうことがあります。

その場合、Apple storeや正規サービスプロバイダでバッテリーを交換してもらいましょう。

バッテリーは、iPhoneを購入してから2年以内の場合は無償で交換が可能です。

※2年以上経過している場合は、7,800円が掛かります。

 

まとめ

【iPhone】画面がフリーズしたときの原因と、7つの対処法
今回は、iPhoneの画面がフリーズしたときの原因と対処法を解説していきました。

iPhoneがフリーズすることはよくあることなので、焦らず、症状の原因をつきとめて上手に対処していきましょう。


関連記事

-フリーズ, 不具合・トラブル解消

Copyright© iphoneの便利機能まとめ│今すぐ使いたくなる便利機能を紹介 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.