カメラ

【iPhone】カメラの「バースト機能」の使い方!撮影・削除方法

投稿日:

【iPhone】カメラの「バースト機能」の使い方!撮影・削除方法

iPhone 5s以降の端末では、写真アプリで「バースト」という機能が追加されました。

「バースト機能」とは毎秒10枚の写真を連続で撮影することができる機能です。

「バースト機能」はまだあまり主流になっていないので、使い方がいまいち理解できていない方も多いのではないでしょうか?

今回は、そんなカメラアプリの「バースト機能」の基本的な使い方を解説していきます。

「バースト機能」の解除方法や写真の削除方法はもちろん、撮影方法なども解説していくのでぜひご参考ください。

 

1.そもそもiPhoneの「バースト」とは?

【iPhone】カメラの「バースト機能」の使い方!撮影・削除方法
「バースト」とはカメラアプリの機能で、iOS 7から端末に導入されました。

「バースト機能」を利用することで、毎秒10枚の写真を連続で撮影することができます。

連続撮影は最大999枚まで行うことが可能です。

 

2.iPhoneの「バースト機能」の撮影方法と写真の確認方法

【iPhone】カメラの「バースト機能」の使い方!撮影・削除方法
カメラアプリの「バースト機能」はどのようにして使うのでしょうか?

撮影方法と写真の確認方法を解説していきます。

 

①「バースト機能」で写真を撮影する方法

【iPhone】カメラの「バースト機能」の使い方!撮影・削除方法
iPhoneでカメラアプリを開き、画面下の「写真」を選択し、白い撮影ボタンを長押しするだけでバースト写真が撮影されます。

 

②「バースト機能」で撮影した写真を確認する方法

【iPhone】カメラの「バースト機能」の使い方!撮影・削除方法
「バースト機能」で撮影したバースト写真は、写真アプリに記録されています。

確認するためには、写真アプリの「バースト」というフォルダを開きましょう。

スポンサーリンク

 

③「バースト機能」で撮影した写真を一枚ずつ確認する方法

【iPhone】カメラの「バースト機能」の使い方!撮影・削除方法
バースト写真を確認する際、一枚だけしか確認することができません。

「バースト機能」で撮影した全ての写真を確認するためには、下のバーの「選択」をタップする必要があります。

一枚ずつカメラロールに保存したい写真があれば、その写真にチェックを入れていきましょう。

チェックを入れ終えたら右上の「完了」をタップします。

【iPhone】カメラの「バースト機能」の使い方!撮影・削除方法

チェックを入れなかったその他の画像を残すか、チェックを入れた画像のみを残すかのテロップが表示されるのでどちらか選択しましょう。

【iPhone】カメラの「バースト機能」の使い方!撮影・削除方法

この方法で、バースト写真の中からお気に入りの写真だけを残すことが可能になります。

 

3.iPhoneの「バースト機能」で撮影した写真を削除する方法

【iPhone】カメラの「バースト機能」の使い方!撮影・削除方法

上記の方法で「すべて残す」を選択した場合、「バースト機能」で撮影したすべての写真をまとめたファイルと、チェックを入れて保存した写真それぞれが、カメラロールに保存されるような形になります。

【iPhone】カメラの「バースト機能」の使い方!撮影・削除方法

ここで注意したいのが、一度「すべて残す」を選択して写真を保存すると、次回以降も「すべて残す」が自動で選択されるようになることです。

そのため、「バースト機能」で撮影した写真の一部を削除したい場合は、「すべて残す」を選択したあとに、「バースト機能」で撮影した全ての写真をまとめたファイルを削除するしか方法はありません。

バースト写真を削除したい場合は、表示されたファイルの右下のボタンをタップします。

【iPhone】カメラの「バースト機能」の使い方!撮影・削除方法

選択したファイル以外削除するかどうかのテロップが表示されるので、

スポンサーリンク

【iPhone】カメラの「バースト機能」の使い方!撮影・削除方法

「〇枚の写真を削除」をタップしましょう。

 

4.iPhoneの「バースト機能」を解除する方法

【iPhone】カメラの「バースト機能」の使い方!撮影・削除方法
iPhoneにおけるカメラアプリの「バースト機能」は高速連写した写真の中からベストな写真を選ぶことができるのでとても便利な機能です。

しかし、連写をしたくないのにカメラのボタンをウッカリ長押しをしてしまう方もいるので、この「バースト」の機能をオフにしたいと感じている方も少なくないかもしれません。

結論からいうと、「バースト」の機能はオフにすることができません

とは言え、「バースト機能」を防ぐ方法はあります。

まず、ホーム画面から「設定」アプリを開き、「一般」を選択します。

【iPhone】カメラの「バースト機能」の使い方!撮影・削除方法

次に、「アクセシビリティ」を選択して、

【iPhone】カメラの「バースト機能」の使い方!撮影・削除方法

「操作」の項目にある「AssistiveTouch」をオンにします。

【iPhone】カメラの「バースト機能」の使い方!撮影・削除方法

ボタンが緑色になっていれば、オンになっている証拠です。

「AssistiveTouch」をオンに切り替えた後、「新規ジェスチャを作成」をタップします。

【iPhone】カメラの「バースト機能」の使い方!撮影・削除方法

ジェスチャーを登録する画面が表示されるので、画像のように画面中央を軽くタップしてから右上の「保存」を選択しましょう。

【iPhone】カメラの「バースト機能」の使い方!撮影・削除方法

分かりやすいようにジェスチャーに名前を付けて保存します。

【iPhone】カメラの「バースト機能」の使い方!撮影・削除方法

以上で設定の完了です。

スポンサーリンク

実際にカメラアプリを起動して試してみます。

カメラアプリを起動した後は撮影ボタンを押さずに、AssistiveTouchの四角いアイコンをタップし「カスタム」を選択します。

【iPhone】カメラの「バースト機能」の使い方!撮影・削除方法

先ほど登録したジェスチャー名が表示されるので、これをタップします。

【iPhone】カメラの「バースト機能」の使い方!撮影・削除方法

画面中央を軽くタップしたジェスチャーが登録されているので、この状態で撮影ボタンを長押ししても「バースト機能」になることはありません。

少し手間がかかる方法ですが、ウッカリ連写の対策になるのでお試しください。

 

5.iPhoneでウッカリ「バースト写真」を撮ってしまったときの注意点

【iPhone】カメラの「バースト機能」の使い方!撮影・削除方法
「バースト機能」でウッカリ連写写真を撮ってしまうことはよくあることです。

もしそうなった際は注意しておくべき点があります。

それは、iPhoneの容量です。

一枚の写真に比べると「バースト機能」を使った連写写真は多くの容量を使います

連写写真ばかり撮って全て保存しておくとiPhoneの容量がどんどん加算されてしまうので、「バースト機能」で撮影した写真はお気に入りの写真だけ残して後は消してしまう癖をつけましょう。

 

まとめ

【iPhone】カメラの「バースト機能」の使い方!撮影・削除方法
今回は、カメラアプリの「バースト機能」の基本的な使い方を解説していきました。

「バースト機能」はとても便利な機能です。

もし使いたくないときは連写写真を防ぐ方法もあるので、ぜひ今回解説した情報を参考にして、素敵なカメラライフを送ってくださいね。


関連記事

-カメラ

Copyright© iphoneの便利機能まとめ│今すぐ使いたくなる便利機能を紹介 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.