便利機能

【iPhone】位置情報サービスの操作方法とメリット&デメリット

投稿日:

【iPhone】位置情報サービスの操作方法とメリット&デメリット

iPhoneに搭載されている位置情報サービスは、iPhoneのおおよその位置を教えてくれるサービスです。

GPSアプリを使う際、位置情報サービスのオン・オフ(有無)を選べます

位置情報を使う必要がないアプリでも、ユーザー情報を獲得するために「許可しますか?」と、許可を求めるポップアップが表示されるケースがあります。

サービスにはメリット・デメリットがありますので、iPhoneの利用前に必ずチェックしておきましょう。

ここでは、【iPhone】位置情報サービスの操作方法とメリット&デメリットについてご紹介していきます。

 

1.iPhone位置情報の概要とオン・オフ・リセットの操作

【iPhone】位置情報サービスの操作方法とメリット&デメリット

iPhoneの位置情報サービスは、GPS・Bluetooth・クラウドソースのWi-Fiスポットや、携帯電話基地局を使ってユーザーのおおよその位置を判断します。

アプリが位置情報サービスへ初めてアクセスするとき、上記のようなポップアップ画面を出して許可を求めます。

ダイアログには、いつどのような用途で位置情報を使用するのか表示されています。

位置情報をオンにしないと使えないアプリがあり、位置情報は後から変更です

 

iPhone (iOS6以降) の位置情報をオン・オフを設定する手順

アプリをダウンロードした際、ポップアップからのそまま位置情報サービスの情報の利用を認めるには、「許可」、アクセスを阻止するには、「許可しない」を選択してタップします。

STEP1.ホーム画面にある「設定」「プライバシー」「位置情報サービス」をタップします。

【iPhone】位置情報サービスの操作方法とメリット&デメリット

スポンサーリンク

※アプリごとに位置情報を設定できるので、一覧からひとつひとつチェックしましょう。

STEP2.「位置情報サービス」のオン・オフを選び、羅列されているアプリの項目をタップ、「常に許可」「このAppの使用中のみ許可」「許可しない」から選択します。

【iPhone】位置情報サービスの操作方法とメリット&デメリット

※アプリによっては、「このAppの使用中のみ許可」「許可しない」2択の場合があります。

 

②位置情報をリセット(すべてオフ)にする方法

STEP1.ホーム画面にある「設定」「一般」「リセット」をタップします。

【iPhone】位置情報サービスの操作方法とメリット&デメリット

STEP2.「位置情報とプライバシーをリセット」「パスコード」(パスコードを設定している場合)を入力します。

【iPhone】位置情報サービスの操作方法とメリット&デメリット

STEP3.「設定をリセット」をタップすると、位置情報の設定がすべてリセットされ、アプリを開くと「“〇〇”の使用中に位置情報の利用を許可しますか?」と表示されるようになります。

【iPhone】位置情報サービスの操作方法とメリット&デメリット

 

2.iPhoneの位置情報をオンにするメリット

【iPhone】位置情報サービスの操作方法とメリット&デメリット

iPhoneでマップを開いて目的地まで向かったり、カーナビとして利用している方は多いのではないでしょうか。

地図アプリを開いて今自分のいる場所が表示されていたら、iPhoneの位置情報機能がオンになっています。

行き先を調べるとき、最短の道のりや、時間がわかるのでとても便利ですよね。

位置情報を共有していれば、相手に自分の居場所を知らせることも可能です。

お互いの位置を確かめてから待ち合わせ場所を決める、なんてことも実現できます。

スポンサーリンク

 

①位置情報を家族や友人と共有できる

【iPhone】位置情報サービスの操作方法とメリット&デメリット

位置情報は家族と共有するには、まず「ファミリー共有」にメンバーを登録する必要があります。

「設定」「“〇〇”(ユーザ名)」>「ファミリー共有」>「家族を追加」します。

ファミリー共有に登録するメンバーに案内が送信されるので、相手が承諾すると共有が開始します。

次に、位置情報共有から「設定」>「“〇〇”(ユーザ名)」>「iCloud」>下の方にある「位置情報を共有」を選択します。

※iOS10.2 以前は「設定」>「iCloud」>「位置情報を共有」の順にタップ。

「位置情報を共有」オフにすると、他の家族や承認済の友人にも位置情報は知らされなくなります。

 

②「iPhoneを探す」が使える

【iPhone】位置情報サービスの操作方法とメリット&デメリット

「iPhoneを探す」の位置情報をオンにしておけば、手元にあったiPhoneが紛失してしまったときに、すぐに検索できます

パソコンや、共有した家族のiOSデバイスから位置を検索できるのでとても便利ですよ。

盗難に遭った場合など、過去にさかのぼって足取りを追うこともできます。

 

③位置情報と連携しているアプリの楽しみが増す

【iPhone】位置情報サービスの操作方法とメリット&デメリット

位置情報をオンにしておくことで楽しみが増すゲームアプリが増えてきました。

アプリはマップと連携しているので、店舗とのキャンペーンに参加できたり、アプリ内のマップでユーザー同士コミュニケーションを取れるようになります​

ゲームだけではなく、店舗検索やクーポン情報にも位置情報サービスが活用されています。

 

3.iPhoneの位置情報をオンにするデメリット

【iPhone】位置情報サービスの操作方法とメリット&デメリット

位置情報サービスはとても便利ですが、デメリットもあります。

オン=GPSを使って衛星と通信している状態なので、すべてのアプリに対して位置情報をオンにする必要はありません。

不要なトラブルを避けるために、事前にデメリットを認識しておきましょう。

 

①バッテリー消費が早くなる

【iPhone】位置情報サービスの操作方法とメリット&デメリット

スポンサーリンク

充電しながら使用できる場合は問題ありませんが、充電していない状態で位置情報をオンにしていると、電池をいつもよりたくさん消耗します。

外出先でマップなどは立ち上げているときは、使用中のみオンにして、それ以外のときはオフに切り替えておくとバッテリー消費を抑えられます

 

②個人情報が流れるリスク

【iPhone】位置情報サービスの操作方法とメリット&デメリット

カメラアプリやSNSアプリは、位置情報と連携しているケースが多いでしょう。

デフォルトでオンになっていることはありませんが、ポップアップ画面から誤ってオンにしたままにしておくと、位置情報を知られたくない人にも自分が撮影した場所や現在滞在している場所が公開されてしまいます

写真に位置情報が記録されるので、住所が特定されてしまう可能性もあります。

無用なトラブルを避けるため、アプリ別・アプリを使用するシーン別に位置情報の利用の有無を検討することをおすすめします。

 

まとめ

いかがでしたか?

位置情報のオン・オフを上手に使い分ければ、自分の今いる場所を確認できたり、天気予報や乗換案内など、精度が必要な情報を手軽に入手できます。

ただし、信頼できないアプリや、不要な位置情報サービスは常にオフにしておきましょう。

自分の居場所や個人情報を意図せずにさらしてしまうリスクがあります。

使い方さえマスターしてしまえば、快適なスマホライフが送れますよ。


関連記事

-便利機能

Copyright© iphoneの便利機能まとめ│今すぐ使いたくなる便利機能を紹介 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.