初期化方法

iPhoneの強制初期化方法!安全に行うための事前準備と手順12選

投稿日:

iPhoneの強制初期化方法!安全に行うための事前準備と手順12選

iPhoneを使っていると、パスワードを忘れてしまったりいきなり動かなくなってしまったり、または紛失してしまうこともありますよね?

そのような状況から直したりリスクを回避するためには、iPhoneを初期化する必要があります。

そのほかにも、iPhoneを売る時には初期化しておくと安心です。

ここでは、iPhoneの強制初期化方法と安全に行うための事前準備についてご紹介します。

 

1.強制初期化をする前に行っておくべきこと

iPhoneの強制初期化方法!安全に行うための事前準備と手順12選iPhoneを強制初期化する前に、行っておきたいことがあります。

もちろん、操作そのものができなくなっている場合もありますから、必要に応じて日頃から取り組んでおいた方がよいこともあります。

まずは、強制初期化をする前に行っておくべきことをご紹介します。

 

①データのバックアップを取っておく

iPhoneの強制初期化方法!安全に行うための事前準備と手順12選初期化をすると、画像ファイルや連絡先などのデータが全て削除されます。

そのため、iPhoneの操作ができるのであれば、PCやiCloudなどにデータのバックアップを取っておきましょう。

また日頃から定期的にパックアップを取るのも良いでしょう。

 

②バックアップはとっても削除はしない

iPhoneの強制初期化方法!安全に行うための事前準備と手順12選初期化後もデータを使えるようにバックアップを取ることは重要ですが、削除はしないように気をつけましょう。

手動で削除してしまうと、iCloud上のデータも削除されます。

強制初期化であればバックアップデータが削除されることはありませんので、安心して進めていきましょう。

スポンサーリンク

 

③iPhoneを探すをオフにしておく

iPhoneの強制初期化方法!安全に行うための事前準備と手順12選続けて、「iPhoneを探す」をオフにしておきます。

これを忘れてしまうと、第三者の不正利用を防ぐアクティベーションロックがかかってしまい、再設定後にロックの解除を求められるためです。

iPhoneの「設定」から、「自分の名前」、「iCloud」、「iPhoneを探す」を選択して、オフに切り替えます。

 

④iCloudからサインアウトしておく

iPhoneの強制初期化方法!安全に行うための事前準備と手順12選データのバックアップを取ったら、万が一に備えてiCloudからはサインアウトしておきましょう。

頻繁に起こることではありませんが、iCloudへの接続中にエラーが起こり、初期化できない場合があるためです。

 

2.iPhoneが手元にある場合の初期化方法

iPhoneの強制初期化方法!安全に行うための事前準備と手順12選事前の準備が終わったら、いよいよ初期化を進めていきます。

iPhoneが手元にあり操作もできる場合は、他のデバイスを使用することなく初期化が完了します。

まずはその手順をご紹介します。

 

①iPhoneを強制初期化する手順

iPhoneの強制初期化方法!安全に行うための事前準備と手順12選iPhoneの強制初期化は「設定」、「一般」、「リセット」、そして「すべての設定とコンテンツを消去」と操作していくと、データがすべて消去されてiPhoneが初期化されます。

 

②機能制限パスコードの入力を求められた場合

iPhoneの強制初期化方法!安全に行うための事前準備と手順12選iPhoneを初期化する際、機能制限パスコードの入力を求められる場合があります。

このパスコードが分からない場合は、iPhoneのみで初期化することはできませんから、その場合にはパソコンを使って強制初期化をすることになります。

 

③パソコンを使って強制初期化を行う方法

iPhoneの強制初期化方法!安全に行うための事前準備と手順12選機能制限パスコードが分からずにパソコンを使って強制初期化する場合には、まずiPhoneの電源を切ったうえでパソコンとiPhoneをケーブルでつなぎます。

その後、iPhoneのホームボタンを長押ししているとアップルのマーク、そしてiTunesのマークが表示されますので、そのアイコンをタップします。

すると、パソコン側にリカバリーモードの操作がポップアップで表示されますので、そこで「iPhoneを復元」のボタンをクリックすれば、強制的に初期化するリカバリーモードが行われます。

強制初期化には多少の時間がかかりますが、全てが完了すれば、iPhoneが自動で起動し、使えるようになります。

 

3.iPhoneが手元にない場合の初期化方法

iPhoneの強制初期化方法!安全に行うための事前準備と手順12選iPhoneを紛失してしまったり、売ってしまったりして手元に無い場合でも、初期化は可能です。

スポンサーリンク

その場合は、iCloud.comや他のiOS端末から強制初期化を行うことになります。

その手順をご紹介します。

 

①WEB版のiCloud.comを使って強制初期化を行う

iPhoneの強制初期化方法!安全に行うための事前準備と手順12選まずはWEB版のiCloud.comにアクセスし、ログインします。

その後、「iPhoneを探す」、「すべてのデバイス」とクリックして、初期化したい端末をクリックします。

端末を選んだら、「iPhoneの消去」をクリックし、ポップアップ表示後も「消去」をクリックします。

これで、消去が完了します。

なお、iPhoneがインターネットにつながっていない場合にはここで再度ポップアップが表示され、さらにいくつかの手順を踏む必要があります。

まず、ログイン情報を入力して認証を行った後、セキュリティ質問、非常時用の電話番号、拾った人に向けたメッセージを入力します。

すると、ネットワークにつながった時点で初期化が始まります。

 

②iPhoneを探すアプリを使って別のiOSで強制的に初期化をする

iPhoneの強制初期化方法!安全に行うための事前準備と手順12選iOSには、デフォルトでiPhoneを探すアプリが入っています。

これを活用して強制初期化を行うことも可能です。

まずは「iPhoneを探す」のアプリを立ち上げ、AppleIDとパスワードを入力します。

すると端末の一覧が表示されますので、強制初期化を行いたいiPhoneを選択して、「アクション」、「iPhoneを消去」「iPhoneを消去」をタップします。

画面に「消去を開始しました」と表示されれば、強制初期化は完了です。

 

3.パソコンをお持ちでない場合のiPhone初期化

iPhoneの強制初期化方法!安全に行うための事前準備と手順12選パソコンを持っておらず、他にiOSのデバイスを持っていない場合には、アップルストアや正規サービスプロバイダーで強制初期化を行えますので、お近くのお店に相談しに行きましょう。

なお、その際には初期化のための手数料がかかる場合があります。

 

4.強制初期化に失敗する場合の対処法

iPhoneの強制初期化方法!安全に行うための事前準備と手順12選手元にiPhoneがある場合でも、途中で動作が止まってしまって、うまく強制初期化ができない場合があります。

ここでは、その場合の対処法をご紹介します。

 

①DFUモードで強制的に初期化をする方法

iPhoneの強制初期化方法!安全に行うための事前準備と手順12選リカバリーモードでの強制初期化ができない場合には、DFUモードと呼ばれる方法でも対応が可能です。

DFUモードで強制初期化を行う場合には、リカバリーモードと同様にパソコンに接続してiTunesを立ち上げた後、ホームボタンとスリープボタンを同時に長押しします。

スポンサーリンク

そして、10秒ほど経ったらスリープボタンのみ指を離します。

すると、パソコンの画面上にリカバリーモードのポップアップが表示され、強制初期化が行われます。

 

②simなし状態のiPhoneを初期化した時の対処法とは

iPhoneの強制初期化方法!安全に行うための事前準備と手順12選iPhoneの初期後に「simが必要です」と画面に表示される場合があります。

その場合には、再度simカードを挿し直したり、アクティベート用のsimカードを挿したりすることで対応できます。

なお、アクティベート用simカードはamazonなどで安価に購入できます。

 

まとめ

iPhoneの強制初期化を行う時には、必ずデータをバックアップしてから行いましょう。

また、突発的に対応が必要になる場合に備えて、日頃からバックアップを取っておくことが大切です。

強制初期化は全てのデータが初期状態に戻りますので、まずは対策が無いかを検討し、そして最後の手段として行うとよいですしょう。

ぜひ、参考にしてみてくださいね。


関連記事

-初期化方法

Copyright© iphoneの便利機能まとめ│今すぐ使いたくなる便利機能を紹介 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.