初期化方法

iPhoneが初期化できない時の対策!エラー表示時のリカバリー方法5選

更新日:

iPhoneが初期化できない時の対策!エラー表示時のリカバリー方法5選iPhoneを売るときや仕事で別の人が使う場合には、iPhoneを初期化する場合がありますよね?

ですが、初期化は行う機会が少なく、慣れていないことも多い分、うまくいかないことも少なくありません。

ここでは、iPhoneを初期化できない時の解決策と操作時の注意点についてご紹介します。

 

1.改めて確認したいiPhoneの初期化方法

iPhoneが初期化できない時の対策!エラー表示時のリカバリー方法5選まずは、初期化の方法について再度確認しましょう。

なお、初期化を行う前には必ずデータのバックアップを取っておきましょう。

また、そのまま初期化すると、再起動時に解除のためにいくつかの操作が必要になりますので、先にiPhoneの設定から自分のiPhone端末をタップし、「iPhoneを探す」をオフにしておきましょう。

準備完了後、iPhone端末で初期化を行う場合には、iPhoneの設定から、「一般」、「リセット」、そして「すべてのコンテンツと設定を消去」とタップしていき、後は画面表示に従ってパスコードやAppleIDのパスワードを入力し、画面を遷移していけば初期化は完了します。

また、PCを使って初期化を行う方法もあります。

その場合は、パソコン側でiTunesを立ち上げてから、iPhoneとパソコンをケーブルでつなぎます。

ケーブルでつなぐと、パスコードの入力画面やメッセージが表示されますので、画面に従ってクリックしていきます。

その後、iTunesに上部にデバイスのアイコンが表示されますので、そこで接続したiPhoneを選択し、「概要」から「iPhoneを復元…」をクリックします。

すると確認画面が表示されますので、再度「復元」を押すと、iPhoneの初期化が完了します。

 

2.iPhoneを初期化できない時の強制初期化

iPhoneが初期化できない時の対策!エラー表示時のリカバリー方法5選iPhoneの電源が入らない、パスコードを忘れてしまった、もしくは上記の方法でやっても初期化できないという場合もあるでしょう。

そのような場合でも、強制初期化によって初期化が可能です。

スポンサーリンク

なお、強制初期化をする場合はPCや他のiOS端末が必要です。

 

①iTunesとパソコンを使ってiPhoneの初期化をする方法

iPhoneが初期化できない時の対策!エラー表示時のリカバリー方法5選まずは、PCをつかったリカバリーと呼ばれる強制初期化の方法です。

PCでiTunesを立ち上げておき、iPhoneは電源を切った状態でホームボタンを押しながらケーブルで接続します。

すると、iPhoneのディスプレイにappleマークが表示された後にiTunesのアイコンが表示されますので、アイコンをタップします。

その後、PC側にエラー警告のポップアップが表示されるので「OK」をクリックし、その後で「更新または復元を必要としているiPhone」というポップアップが表示されますので、ここで「復元」をクリックします。

続いて表示されるポップアップも「復元と更新」をクリック、その後の規約については「同意する」をクリックします。

これで、強制初期化が開始され、iPhoneが初期化されます。

 

②非公式操作のDFUモードを使う

iPhoneが初期化できない時の対策!エラー表示時のリカバリー方法5選上記の方法で初期化できない場合には、DFUモードと呼ばれる別の方法でも初期化が可能です。

ただし、DFUモードは非公式の方法ですので、先にリカバリーモードや別の方法を試し、それでも初期化できない時に試してみるとよいでしょう。

方法はリカバリーモードと似ています。

まずは、先にPCとiPhoneケーブルでつなぎます。

この時、電源はオンでもオフでも構いません。

その後、ホームボタンとスリープボタンを同時に長押しし、10秒ほど経ったところでスリープボタンだけ指を離します。

すると、iTunesの画面にメッセージが表示されますので、ホームボタンの指も離し、「OK」をクリックします。

そして、「リカバリーモードのiPhoneをみつけました。」というメッセージに対して「iPhoneを復元…」をクリックします。

すると、リカバリーモードと同様にメッセージが表示されますので、画面に合わせて操作を行っていきます。

スポンサーリンク

これで、初期化が完了します。

 

③iCloudのサイトから初期化を行う

iPhoneが初期化できない時の対策!エラー表示時のリカバリー方法5選手元にiPhoneが無い場合でも、iCloud.comのサイトを用いることで初期化が可能です。

なお、この方法は通常iPhoneを紛失した時などに使われることが多い操作方法です。

まず、icloud.comのサイトにアクセスし、IDとパスワードを入力します。

その後、「iPhoneを探す」をクリックし、初期化するiPhoneを選択します。

更に「iPhoneの消去」をクリックし、ポップアップが表示されたら「消去」をクリックすると、初期化が開始されます。

なお、iPhoneがインターネットに繋がっていない場合はiCloudのIDとパスワードの入力、セキュリティ質問、電話番号や拾得者へのメッセージを入力することになります。

これで初期化は終了です。

 

④他のiOS端末から初期化を行う

iPhoneが初期化できない時の対策!エラー表示時のリカバリー方法5選iPhoneには、デフォルトで「iPhoneを探す」というアプリが入っており、これを使うことでもiPhoneの初期化が可能です。

まず、アプリの「iPhoneを探す」をタップし、AppleIDとパスワードを入力します。

するとデバイスが表示されますので、初期化するiPhoneを選択して、次の画面で「アクション」、続けて「iPhoneを消去」とタップし、再度「iPhoneを消去」をタップします。

その後、上記と同様にAppleIDやパスワード等を入力していくと、初期化が完了します。

 

3.上記のやり方でも対応できない場合

iPhoneが初期化できない時の対策!エラー表示時のリカバリー方法5選以上が、iPhoneの初期化ができない時の対処法です。

もしこれらを試しても初期化できない場合には、iPhoneの機体自体に異常が起こっている場合がありますので、その時はお近くのアップルストアなどに相談しましょう。

また、長く使っているとiPhoneの機器そのものが劣化しますから、特に2年以上使っているのであれば、買い替えの検討もよいでしょう。

 

まとめ

iPhone初期化すると、保存していたデータは全て消えてしまいますから、必ずバックアップを取っておきましょう。

また、iCloudや他のiOSを使ったリモートの初期化はぜひ覚えておくとよいでしょう。

iPhoneの中には個人情報が数多く含まれていますから、もし紛失した時などには、個人情報の流出を防ぐ為にも重要な取り組みとなります。

練習できることではありませんが、たまに見返したり途中まで試してみたりして、もしもの時にすぐ対応できるように準備しておくとよいですよ。


関連記事

-初期化方法

Copyright© iphoneの便利機能まとめ│今すぐ使いたくなる便利機能を紹介 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.