バックアップ

iphoneがバックアップできない!よくある原因とトラブル対処法

更新日:

iphoneがバックアップできない!よくある原因とトラブル対処法

iPhoneを機種変更する際、必ず個人で対応しなければいけない“バックアップ”と“復元”

ケータイショップでは行ってくれないため、知識が足りない方でも自分で何とかしなければいけなく、iPhoneを機種変更するたびに頭を抱えてしまうような方って、意外と多いのではないでしょうか?

一番恐ろしいのが、iPhoneがバックアップできないというトラブル

なぜバックアップできないのでしょうか?

今回は、iTunesとiCloudでバックアップができない原因と対処法をエラー別に紹介していきます。

 

1.iTunesでバックアップできない時は?エラー別で対処法を解説

iphoneがバックアップできない!よくある原因とトラブル対処法
バックアップの王道であるiTunesを使っても、バックアップできない時があります。

バックアップできないときは、iTunesかiPhoneの画面に警告がでるはずです。

警告別に原因と対処法を解説していきますのでご参考ください。

 

①エラーの警告が表示された場合

iphoneがバックアップできない!よくある原因とトラブル対処法
“エラー”の原因により、iTunesでデバイスをバックアップできない…というような警告が表示された場合は、iPhoneのiOSに原因がある可能性が大きいです。

バックアップしたいiPhoneのiOSが最新のバージョンであるかを確認し、最新バージョンでなければアップデートを行ってください。

iphoneがバックアップできない!よくある原因とトラブル対処法

また、iPhoneで使用中のアプリがアップデートされていない場合もエラー警告が出る可能性があるので、App Store>アップデート から全てのアプリがアップデートされているか確認し、されていない場合は全て最新バージョンにアップデートしましょう

 

②ディスク容量不足の警告が表示された場合

iphoneがバックアップできない!よくある原因とトラブル対処法
ディスク容量が不足している…というような警告が表示された場合は、パソコン上の容量に十分な空きを作りましょう。

スポンサーリンク

USBメモリーやSDメモリーカードなどにデータを移行するのがおすすめです。

 

③バックアップが破損している、または、互換性がないという警告が表示された場合

iphoneがバックアップできない!よくある原因とトラブル対処法
バックアップが破損している、互換性がない、という警告が表示された場合は、iTunesが最新バージョンにアップデートされているか確認して下さい。

 

④上記以外でバックアップできない場合の対処法

iphoneがバックアップできない!よくある原因とトラブル対処法
上記以外でバックアップできない場合、ひとまずiPhoneとパソコンを再起動してみましょう。

それでもバックアップできない場合は、Apple サポートに問い合わせしてください。

Appleのサポートページには電話番号が記載されていませんが、以下の方法でアドバイザーと電話を繋げることができます。

iphoneがバックアップできない!よくある原因とトラブル対処法

  • Apple サポートのお問い合わせページを開く
  • 「Apple サポートに問い合わせる」の下の「こちらから>」をクリック
  • 「何についてのサポートをご希望ですか。」というページが表示されるので、「iPhone」をクリック
  • 「iPhoneについてどのような問題がありますか。」というページが表示されるので、「トピックを検索」の項目に「バックアップできない」と入力
  • 表示された3件の項目のいずれかをクリック
  • 「今すぐアドバイザーと話がしたい」をクリック
  • Apple IDを入力してログインし、表示される項目に沿って情報を入力していく

 

2.iCloudでバックアップができない!対処法をエラー別で解説

iphoneがバックアップできない!よくある原因とトラブル対処法
パソコンを所持していない方は、iCloudを使ってバックアップを取る方が殆どです。

iCloudのバックアップはiTunesに比べてエラーや警告が出やすいので、以下の項目に沿って対応していきましょう。

 

①ストレージ不足の警告が表示された場合

iphoneがバックアップできない!よくある原因とトラブル対処法
iCloudのストレージ不足によりバックアップできないのが原因で表示される警告です。

※iPhone本体の空き容量とiCloudの空き容量は異なります。

一番手っ取り早いのは、iCloudのストレージプランをアップグレードすること。

50GB:月額130円、200GB:月額400円、2TB:月額1,300円と別料金が発生しますが、一番手っ取り早く問題を解決することができます。

iphoneがバックアップできない!よくある原因とトラブル対処法

上記の対応が難しい場合は、バックアップするアプリの数を減らしたり、不要な写真や動画を削除したりして対応しましょう。

また、古いバックアップを削除する方法でもOKです。

 

②バックアップの有効をする際に、問題が起きたと警告が表示された場合

iphoneがバックアップできない!よくある原因とトラブル対処法
いよいよバックアップを有効しようというときに問題が起きたと警告が表示されたときは、下記のように対処してください。

スポンサーリンク

iphoneがバックアップできない!よくある原因とトラブル対処法

  • 10分ほど待機する
  • 設定>ユーザー名>iCloud>iCloud バックアップ の順にタップ
  • 「iCloud バックアップ」がオンになっているか確認する
  • ※別の警告が表示されている場合はその警告に沿った手順を実行してからやり直してください
  • 設定>iCloud に移動し、Apple IDをタップしてiCloud にサインイン
  • Appleの「システム状況」ページを開き、iCloud バックアップが正常に動作しているか確認

 

③デバイスを復元中だと警告が表示された場合

iphoneがバックアップできない!よくある原因とトラブル対処法
処理が終了するまでWi-Fi環境を安定に整えて接続したままで待機して下さい。

バックアップのサイズやWi-Fi環境の速度によってバックアップの時間が異なるので、長くなってしまう場合でも現状維持のまま待機するようにしましょう。

 

④前回のバックアップが完成しなかったと警告が表示された場合

iphoneがバックアップできない!よくある原因とトラブル対処法
iCloudでのバックアップは、モバイルデータ通信のインターネット接続では利用できません。

しっかりWi-Fiに接続されているかを確認しましょう。

Wi-Fiに接続している場合でも同じ警告が表示される場合は、Apple サポートに問い合わせてください。

 

3.iCloudで写真や動画が多くてバックアップできない時の対処法

iphoneがバックアップできない!よくある原因とトラブル対処法
iTunesでiPhoneのバックアップをする際にエラーや警告が出た場合は、基本的に上記で説明した対処法を試みるだけで基本的には簡単に解決することが出来ます。

しかし、iCloudを使ったバックアップでは、バックアップできないトラブルが発生してしまうケースが非常に多いです。

中でも、写真や動画が多いという原因でバックアップできないという方が非常に多い傾向にあります。

その際の対処法を下記で解説していくので、ぜひご参考ください。

 

①写真や動画のデータをバックアップの対象外にする

妥協が必要になりますが、写真や動画のデータをバックアップしないのが一番手っ取り早い方法です。

機種変更前のiPhoneにそのまま写真や動画を残しておけばいつでも見ることができますし、ある程度妥協してみるのも良いかもしれません。

写真や動画のデータをバックアップの対象外にする場合は、下記の設定が必要になります。

設定>ユーザー名>iCloudの順でタップする

 

iphoneがバックアップできない!よくある原因とトラブル対処法

ストレージ管理>バックアップの順でタップする

iphoneがバックアップできない!よくある原因とトラブル対処法

最新のバックアップをタップし、「フォトライブラリ」をオフにする。

iphoneがバックアップできない!よくある原因とトラブル対処法

以上の設定をすることで、次回バックアップの作成の際に写真アプリの分だけ削除される形になります。

スポンサーリンク

 

②Googleフォトを利用して写真や動画をバックアップする

iphoneがバックアップできない!よくある原因とトラブル対処法
「どうしても新規iPhoneに写真や動画をバックアップしたい!でもストレージプランのアップグレードはできればしたくない…」

そんな時におすすめしたいのが、「Googleフォト」です。

Googleフォトを使うことで、iPhoneの写真や動画をGoogleのクラウドストレージに無料でバックアップすることができます。

しかもファイル数は無制限。

その代わりに、圧縮による品質低下を妥協しなければいけなくなりますが、正直殆ど分からないレベルの品質低下なので気にする必要はありません。

GoogleフォトへiPhoneの写真と動画をバックアップする方法は以下のとおりです。

  • 機種変更前のiPhoneに「Googleフォト」のアプリをインストール
  • 画面の指示に従ってGoogleにログインしましょう
  • ログインが完了すると自動的に写真と動画のバックアップが開始されます

写真と動画の数によってバックアップに時間がかかることがあるので、新規iPhoneを入手する前にこの作業を済ませておくと良いです。

また、初期設定が「Wi-Fi接続時のみにファイルをアップロードする」設定になっているので、Googleフォトを起動する際はiPhoneをWi-Fiに接続してください。

Googleフォトでの写真・動画のバックアップが完了したら、iCloudのバックアップから新規iPhoneに復元します。

すると、新規iPhoneには自動でGoogleフォトがインストールされ、ログインをすればすぐに機種変更前のiPhoneに保存していた写真や動画を閲覧できるようになっているはずです。

iphoneがバックアップできない!よくある原因とトラブル対処法

ただし、機種変更前のiPhoneに保存していた写真や動画が新規iPhoneのカメラアプリに移行される訳ではなく、あくまでGoogleフォト上で確認することができる形になります。

Googleフォトに保管されている写真や動画を新規iPhoneのカメラアプリに保存したい場合は改めてダウンロードする必要があるので注意して下さい。

 

まとめ

iphoneがバックアップできない!よくある原因とトラブル対処法
iPhoneのバックアップができないからと言って、諦める必要はありません。

バックアップできない際の対処法はそこまで難しいわけではないので、今回解説した情報を参考にして問題を解決していってくださいね。


関連記事

-バックアップ

Copyright© iphoneの便利機能まとめ│今すぐ使いたくなる便利機能を紹介 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.