バックアップ

【iPhone】バックアップデータの場所を変更&探す簡単な方法

投稿日:

【iPhone】バックアップデータの場所を変更&探す簡単な方法

iPhoneを機種変更した際に、バックアップという作業が必ず必要になります。

バックアップをしていよいよ復元するぞ!というタイミングで、

「あれ?バックアップデータってどこの場所に保存したっけ?」
「困ったな…バックアップデータが見つからないし探す方法も分からない」

という問題が発生してしまった経験はありませんか?

今回は、“バックアップはどの場所に保存されるのか”や“保存先の場所を変更する方法”、“保存先の場所を探す方法”などを解説していきます。

 

1.iPhoneのバックアップが保存される場所は?

【iPhone】バックアップデータの場所を変更&探す簡単な方法
iPhoneのバックアップをとるとき、基本的にiCloudまたはiTunesを利用します。

iCloud、iTunesそれぞれのバックアップデータの場所の確認方法を解説するのでご参考下さい。

 

①iCloudのバックアップ場所について

【iPhone】バックアップデータの場所を変更&探す簡単な方法
iCloudはiTunesとは違いクラウドサービスで、Appleのサーバーにバックアップデータが保存される形になります

Appleのサーバーにバックアップを取ることで、iPhoneが故障してしまった場合でもインターネット上にデータが残っているので安心です。

ただし、iCloudの保存容量は5GB(無料分)で、月額費用を支払うことで最大2TBまで利用が可能になります。

iCloudでのバックアップデータは常に暗号化されているため、セキュリティの高さは万全です。

 

②iPhone内のiCloudのバックアップ場所を探す方法

設定>ユーザー名>iCloud の順番にタップ

【iPhone】バックアップデータの場所を変更&探す簡単な方法

スポンサーリンク

ストレージを管理>バックアップの順にタップ

【iPhone】バックアップデータの場所を変更&探す簡単な方法

以上の手順でiCloudに保存されたバックアップデータの詳細情報を確認することができます。

バックアップする情報を選択して確認するほか、削除することも可能です。

 

③Mac内のiCloudのバックアップ場所を探す方法

【iPhone】バックアップデータの場所を変更&探す簡単な方法
Appleメニュー>システム環境設定>iCloud>管理>バックアップ の順に選択することでバックアップデータを探すことができます。

 

④Windows内のiCloudのバックアップ場所を探す方法

【iPhone】バックアップデータの場所を変更&探す簡単な方法
Windows用のiCloudを開く>保存容量>バックアップ の順に選択することでバックアップデータを探すことができます。

 

⑤iTunesのバックアップ場所について

【iPhone】バックアップデータの場所を変更&探す簡単な方法
iTunesを使ってiPhoneをバックアップした場合、iTunesがインストールされているパソコン本体にバックアップデータが保存されます。

保存されているバックアップデータの場所はOS(オペレーティングシステム)によって異なるでしっかり確認しておきましょう。

 

⑥Macのバックアップ場所を探す方法

【iPhone】バックアップデータの場所を変更&探す簡単な方法
メニューバーのiTunes>環境設定>デバイス>「control」キーを押しながら目的のバックアップデータをクリック>Finderで表示 の順に選択することで特定のバックアップデータを探すことができます。

 

⑦Windows 7、8、10のバックアップ場所を探す方法

【iPhone】バックアップデータの場所を変更&探す簡単な方法
検索バーに「%appdata%」と入力>「Return」キーを押す>「Apple Computer」>「MobileSync」>「Backup」の順に選択することでバックアップデータを探すことができます。

 

⑧バックアップデータの場所に関しての注意点

【iPhone】バックアップデータの場所を変更&探す簡単な方法
パソコンでバックアップデータを探す際に注意して欲しい点がいくつかあります。

まず、バックアップデータが入っている「Backup」フォルダはコピーは可能ですが、別のフォルダや外付けドライブ、ネットワークドライブなどへの異動はしてはいけません。

また、バックアップデータのコンテンツを編集、移動、抽出したり、データ名の名前を変更したりするのもNGです。

ファイルを損なう恐れがあります。

 

2.iPhoneのバックアップを別の場所にコピーする&削除する方法

【iPhone】バックアップデータの場所を変更&探す簡単な方法
上記の注意点でも記載した通り、バックアップデータは編集や移動はNGですが、コピーや削除をするのは問題ありません。

下記にその方法を解説していきますのでご参考ください。

スポンサーリンク

 

①バックアップを別の場所にコピーする方法

【iPhone】バックアップデータの場所を変更&探す簡単な方法
まず、上記で紹介した“バックアップ場所を探す方法”で「Backup」フォルダを探します。

フォルダの中の一部だけをコピーするのではなく、フォルダ全体をコピーし外付けドライブやネットワーク上の保存場所に保存しましょう。

 

②バックアップを削除する方法

【iPhone】バックアップデータの場所を変更&探す簡単な方法
上記と同じように、“バックアップ場所を探す方法”でバックアップデータを探します。

削除したいバックアップを選択し、「バックアップを削除」>「OK」の順でクリックしていくことでバックアップを削除することができます。

 

3.【iTunes】バックアップの場所(保存先)を変更する方法

【iPhone】バックアップデータの場所を変更&探す簡単な方法
近年のiPhoneは容量が大きくなってきた関係で、パソコンにバックアップとなるとPC本体の容量がかなり圧迫されてしまいます

そこでおすすめなのが、iTunesのバックアップ場所を変更してパソコンの容量を節約する方法です。

下記にてその手順を紹介していきますのでご参考ください。

 

①バックアップデータの場所を確認してフォルダ配下を何もない状態にする

【iPhone】バックアップデータの場所を変更&探す簡単な方法
最初に、上記で紹介した“バックアップ場所を探す方法”で「Backup」フォルダを表示しましょう。

画像を見て分かるように、バックアップは「Mobilesync」フォルダに入っています。

まずは「Mobilesync」フォルダ配下を何もない状態にしましょう。

 

②コマンドプロンプトを起動する

【iPhone】バックアップデータの場所を変更&探す簡単な方法
コマンドプロントは、下記の手順で起動することができます。

Windowsボタン>「プログラムとファイルの検索」窓に「cmd」と入力>「cmd.exe」を選択

 

③ジャンクションと別ドライブへの保存先リンクを作成する

【iPhone】バックアップデータの場所を変更&探す簡単な方法
以下のコードをコピーしてコマンドプロンプトへ貼り付けてからエンターボタンを押し、ジャンクションを作成します。

cd AppData\Roaming\Apple Computer\MobileSync

次に、保存先リンクを作成するのですが、保存先は基本的にどの場所でも構いません。

例えば、Eドライブへの保存先リンクを作成する場合は、以下のコードをコピペしてコマンドプロンプトに貼り付けます。

mklink /J Backup E:Document\Music\iTunes\Backup

「E:Document\Music\iTunes\Backup」の部分は自分が使いたい場所(保存先)を指定しましょう。

 

④iTunesを起動してバックアップを取る

【iPhone】バックアップデータの場所を変更&探す簡単な方法
上記の手順が完了したら、あとはいつもと同じようにiPhoneをiTunesに繋ぎバックアップをとるだけです。

念のため、指定した場所にバックアップデータが保存されているかしっかり確認してからバックアップをとりましょう。

スポンサーリンク

 

まとめ

【iPhone】バックアップデータの場所を変更&探す簡単な方法
iPhoneのバックアップはどの場所に保存されるのか?

保存先の場所を変更する方法や、保存先の場所を探す方法は?

今回は、そんなバックアップの場所についての疑問点に迫りました。

バックアップの場所を探すのも、保存先を変更するのも簡単なので難しく捉えずにトライしてくださいね。


関連記事

-バックアップ

Copyright© iphoneの便利機能まとめ│今すぐ使いたくなる便利機能を紹介 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.