icloud バックアップ

【iPhone】icloudのバックアップ方法と手順を分かりやすく解説

更新日:

【iPhone】icloudのバックアップ方法と手順を分かりやすく解説

iPhoneを機種変更する際、必ずバックアップが必要です。

パソコンを所持している方ならiTunesを使って難なくバックアップをすることができるのですが、パソコンを所持していない方はicloudを利用してバックアップすることになります。

icloudのバックアップと言えば、良く聞くのが「バックアップが成功しない」というトラブルや失敗。

icloudのバックアップは慣れるまで難しいですが、手順さえ覚えてしまえば簡単です。

今回は、失敗しないicloudのバックアップ方法を分かりやすく解説していきます。

iPhoneの機種変更時にお役立て下さい。

 

1.iTunesとicloudのバックアップの違いは?

【iPhone】icloudのバックアップ方法と手順を分かりやすく解説
icloudでバックアップするよりiTunesでバックアップした方が良い!

巷で良く聞く噂ですが、実際はそんなことはありません。

そもそも、iTunesとicloudにはどのような違いがあるのでしょうか?

 

①バックアップできる所得データの種類の違い

【iPhone】icloudのバックアップ方法と手順を分かりやすく解説
まず、iTunesとicloudではバックアップできる取得データの種類が違います。

バックアップできる取得データの違いは以下のとおりです。

iTunes・icloud共通の取得データ

  • 着信音
  • ボイスメモ
  • アプリ
  • ホーム画面の配置
  • カメラロールに保存した写真や動画
  • SMS、iMessageなどのメッセージ
  • Apple Storeなどで購入した音楽や映画

icloudでは取得できないデータ

スポンサーリンク

  • 通話履歴
  • カレンダー
  • リマインダー

 

②バックアップできる容量の違い

【iPhone】icloudのバックアップ方法と手順を分かりやすく解説
iTunesとicloudでは、バックアップで保存できる容量も違います。

iTunesの場合、バックアップデータはパソコン上に保存されるため、お持ちのパソコンのディスクの空き容量によって保存できる量が変わりますが、icloudの場合は無料容量が5GBと決まっており、容量を増やしたい場合は別途で有料プランを契約する必要があります。

 

③バックアップ先の違い

【iPhone】icloudのバックアップ方法と手順を分かりやすく解説
iTunesとicloudでは、バックアップ先にも違いがあります。

上記にも記載した通り、iTunesの場合はパソコン上にバックアップデータが保存され、icloudはiPhone本体上ではなくインターネットのクラウド上に保存される形になります。

 

2.iPhoneをicloudでバックアップする前に!事前確認事項4つ

【iPhone】icloudのバックアップ方法と手順を分かりやすく解説
iPhoneをicloudでバックアップする前に確認しておいてほしい項目が4つほどあります。

バックアップを行う前に必ず確認しましょう。

 

①icloudを設定する

【iPhone】icloudのバックアップ方法と手順を分かりやすく解説
まずは、バックアップの前にicloudを初期設定する必要があります。

手順は以下に解説していくのでご参考ください。

設定>iPhoneにサインイン の順で選択していくと、Apple IDとパスワードの入力が求められるので指示に従って操作していきサインインしましょう。

※Apple IDを所持していない場合は取得してください。

「このiPhoneのロック解除に使用するパスコードは、新しいデバイスでサインインするときに、Apple ID、保存済みのパスワード、icloudに保存されたその他のデータにアクセスするのに使用されます。」という表示がでるので、「結合」または「結合しない」を選択してください。

【iPhone】icloudのバックアップ方法と手順を分かりやすく解説

利用契約が表示されるのでしっかり確認して「同意する」を選択しましょう。

以上で、icloudの初期設定の完了です。

 

②Wi-Fi環境を整える

【iPhone】icloudのバックアップ方法と手順を分かりやすく解説
icloudでバックアップを行うには、必ずWi-Fi環境が必要になります。

もし自宅にWi-Fiが無い場合は、ソフトバンクやau、ドコモなど各キャリアショップでWi-Fiを借りることができるので、そちらで対応するのも良いでしょう。

スポンサーリンク

ただ、バックアップには早くても20分以上時間がかかるので、できれば自宅のWi-Fi環境を整えてからのバックアップをおすすめします。

 

③5G以上容量を使いたい場合は別途料金が必要

【iPhone】icloudのバックアップ方法と手順を分かりやすく解説
上記でも説明しましたが、icloudの無料容量は5GBで、それ以上使用したい場合は有料プランの追加が必要になります。

一括ではなく月額費用になるので注意してから購入してください。

 

④各アプリの引き継ぎ設定をする

【iPhone】icloudのバックアップ方法と手順を分かりやすく解説
アプリによっては、機種変更の際に“引き継ぎ設定”が必要になる場合があります。

引き継ぎ設定をせずに機種変更をしてしまうと、大事なデータが失われてしまう場合がありますので機種変更前に必ず確認しましょう。

引き継ぎが必要な人気アプリを一覧にして下記にまとめますのでご参考に。

  • LINE
  • LINEディズニーツムツム
  • LINE POP
  • パズル&ドラゴンズ
  • モンスターストライク
  • 白猫プロジェクト
  • FINAL FANTASY Record Keeper
  • 魔法使いと黒猫のウィズ
    など

※他にも引き継ぎ設定が必要なアプリはたくさんあるので各自しっかり確認してください。

 

3.icloudを使ったiPhoneの失敗しないバックアップのやり方

設定>ユーザー名>icloud の順に選択していきます。

【iPhone】icloudのバックアップ方法と手順を分かりやすく解説

icloudバックアップ を選択してオンに切り替えると確認画面が表示されるので「OK」を選択してください。

【iPhone】icloudのバックアップ方法と手順を分かりやすく解説

オンになるまで数秒かかるので待ちましょう。

icloudバックアップがオンになったら、下の青文字の「今すぐバックアップを作成」を選択します。

【iPhone】icloudのバックアップ方法と手順を分かりやすく解説

「バックアップを作成中」という表示がされるのでそのままお待ちください。

【iPhone】icloudのバックアップ方法と手順を分かりやすく解説

「最後に作成されたバックアップ」今日の日時になっていればバックアップの完了です。

因みに、icloudバックアップがオンになっていると、以下の一定の条件を保つことで自動的にバックアップが作成されます。

  • iPhoneがロック中
  • iPhoneが充電中
  • iPhoneがWi-Fiにつながっている
  • icloudに十分な空き容量がある

 

4.icloudのバックアップ状況やサイズを確認する方法

icloudでは現在のバックアップ状況やサイズの確認をすることができます。

設定>ユーザー名>icloud>の順で選択していきます。

スポンサーリンク

【iPhone】icloudのバックアップ方法と手順を分かりやすく解説

ストレージ管理>バックアップの順に選択していき、

【iPhone】icloudのバックアップ方法と手順を分かりやすく解説

バックアップ項目に表示された一覧からバックアップ状況やサイズ確認が可能です。

【iPhone】icloudのバックアップ方法と手順を分かりやすく解説

このページからバックアップを削除することもできます。

 

5.icloudでiPhoneのカレンダーやリマインダーのバックアップをする方法は?

【iPhone】icloudのバックアップ方法と手順を分かりやすく解説
上記の「iTunesとicloudのバックアップの違いは?」でも説明したとおり、icloudでバックアップをした場合カレンダーやリマインダーのバックアップは反映されません。

ただし、別の方法でバックアップすることが可能なので、その方法を下記にて説明していきます。

 

①auユーザーの場合

【iPhone】icloudのバックアップ方法と手順を分かりやすく解説
auが提供する「データお預かり」アプリを利用します。

まずはApp StoreからiPhoneに「データお預かり」アプリをインストールしましょう。

機種変更/その他>データ移行(機種変更はこちら)の順に選択していきます。

【iPhone】icloudのバックアップ方法と手順を分かりやすく解説

auサーバーを使う>預ける>の順に選択していき、

【iPhone】icloudのバックアップ方法と手順を分かりやすく解説

「お預かりデータ一覧」の項目から、預けたいデータをそれぞれタップして「預ける」を選択していきましょう。

【iPhone】icloudのバックアップ方法と手順を分かりやすく解説

表示された内容を確認し、「OK」を選択すると「データをお預かりしています」と表示されるので、完了されるまでお待ちください。

「以下のデータをお預かりしました。」という表示がでたらバックアップは完了です。

 

②auユーザーではない場合

「データお預かり」アプリはauユーザーではなくても利用可能です。

機種変更/その他>データ移行(機種変更はこちら)の順に選択していきます。

【iPhone】icloudのバックアップ方法と手順を分かりやすく解説

「データをコピーする」を選択し、画面の表示に従いWi-FiとBluetoothをONにして「OK」をタップしましょう。

【iPhone】icloudのバックアップ方法と手順を分かりやすく解説

データを送る>はい の順で選択していくと、

【iPhone】icloudのバックアップ方法と手順を分かりやすく解説

下記のような画面が表示されます。
【iPhone】icloudのバックアップ方法と手順を分かりやすく解説
画面に従って新規iPhoneの操作も進めて行きましょう。

以上で簡単に機種変更前のiPhoneから新規iPhoneに各データを移行することができます。

 

まとめ

【iPhone】icloudのバックアップ方法と手順を分かりやすく解説
今回は、失敗しないicloudのバックアップ方法を分かりやすく解説していきました。

難しいと思っていたバックアップの作業も、手順さえ覚えてしまえば簡単です。

ぜひ今回紹介したバックアップ方法を参考にして、気持ちよく機種変更を行ってくださいね。


関連記事

-icloud, バックアップ

Copyright© iphoneの便利機能まとめ│今すぐ使いたくなる便利機能を紹介 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.