iTunes バックアップ

【iPhone】iTunesのバックアップ方法を分かりやすく解説

更新日:

【iPhone】iTunesのバックアップ方法を分かりやすく解説

次々と次世代機が登場しているiPhone。

その都度機種変更が必要になるのですが、バックアップなど面倒な作業を行わなければいけないのが厄介なポイントですね。

慣れている方なら簡単かもしれませんが、パソコンの操作などに馴染みのない方だとバックアップの作業に手間取ってしまう方が多いのではないでしょうか?

今回は、失敗しないiTunesのバックアップ方法を分かりやすく解説していきます。

ぜひ、iPhoneの機種変更時にお役立てください。

 

1.iTunesとicloudのバックアップの違い3つ

【iPhone】iTunesのバックアップ方法を分かりやすく解説
iPhoneのバックアップ方法には主にiTunesicloud二種類があります。

二つとも同じようにiPhoneのバックアップができるのですが、具体的にはどのような違いがあるのでしょうか?

 

①バックアップの保存場所が違う

【iPhone】iTunesのバックアップ方法を分かりやすく解説
iTunesとicloudで決定的に違うのが、バックアップの保存場所です。

iTunesはバックアップデータがパソコン上に保存される一方、icloudはアップルが運営しているクラウド上に保存されるようになっています。

 

②バックアップできるデータ容量が違う

【iPhone】iTunesのバックアップ方法を分かりやすく解説
iTunesとicloudでは保存できるバックアップのデータ容量も異なります。

バックアップのデータが直接パソコン上に保存されるiTunesの場合は、パソコンのストレージの空き容量によって保存できるデータの容量が異なりますが、icloudには決められたデータ容量があり5GB~2TBまでになります。

因みに最初の5GBは無料ですが、以降の容量は有料プランとして購入しなければいけません。

 

③バックアップの保存形式が違う

【iPhone】iTunesのバックアップ方法を分かりやすく解説
iTunesとicloudではバックアップの保存形式が異なるのもひとつのポイントになります。

スポンサーリンク

iTunesの場合、初期設定では暗号化がされていませんが暗号化する設定も可能です。

一方、icloudは常に暗号化がされています。

暗号化することによって、iPhone内に保存している各種パスワードやWi-Fiの設定、safari等のサイト閲覧履歴、ヘルスケアデータなど細かなデータもバックアップすることができます。

 

2.iPhoneをiTunesでバックアップする前に!事前確認事項3つ

【iPhone】iTunesのバックアップ方法を分かりやすく解説
iPhoneをiTunesでバックアップする前に確認しておいてほしい項目が3つほどあります。

バックアップ作業を行う前に必ず確認するようにしてください。

 

①iTunesとiPhoneを最新版にアップデートしておく

iPhoneをパソコンに繋ぐ前に、iTunesとiPhoneを最新バージョンに必ずアップデートしましょう。

 

Windowsの場合は、iTunesのヘルプ>更新プログラムを確認>画面に従って更新プログラムをダウンロードして下さい。

【iPhone】iTunesのバックアップ方法を分かりやすく解説

 

Macの場合は、App Storeを開き、アップデート>ソフトウェア・アップデート>画面に従ってiTunesをアップデートして下さい。

【iPhone】iTunesのバックアップ方法を分かりやすく解説

iPhoneの場合は、iPhoneをWi-Fiに接続し、設定>一般>ソフトウェアアップデートから最新のiOSをアップデートして下さい。

【iPhone】iTunesのバックアップ方法を分かりやすく解説

最新バージョンになっていないとバックアップすることができません。

 

②パソコンの対応環境を確認する

【iPhone】iTunesのバックアップ方法を分かりやすく解説
Windowsを利用している場合、Windows7以降でなければアップデートをすることができないので要注意です。

また、ご利用のパソコンによってはバックアップのデータ量によって長時間要する場合があるのでこちらも注意しましょう。

 

③自動同期をオフにする

データの消失や重複を防ぐため、自動同期は必ずオフにしましょう。

スポンサーリンク

環境設定>デバイス>「iPod、iPhone、および iPod を自動的に同期しない」にチェックを入れる>OK

【iPhone】iTunesのバックアップ方法を分かりやすく解説

上記の方法で簡単に自動同期をオフにすることができます。

 

3.iTunesを使ったiPhoneの失敗しないバックアップのやり方

まずは、USBケーブルでiPhoneとパソコンを接続しましょう。

iPhoneの接続が完了すると、右上のメニューバーの下にiPhoneのマークが表示されるので、このマークをクリックしてください。

【iPhone】iTunesのバックアップ方法を分かりやすく解説

iTunesの利用が初めての場合は、画面に「新しいiPhoneへようこそ」と表示されるので、「新しいiPhoneとして設定」にチェックを入れて「続ける」を選択しましょう。

概要欄の「今すぐバックアップ」を選択します。

【iPhone】iTunesのバックアップ方法を分かりやすく解説

バックアップが開始されるので、完了するまで待ちましょう。

※バックアップは短くても20分前後はかかると思っておいてください。

画面上のステータスバーがAppleマークに変わったらバックアップの完了です。

【iPhone】iTunesのバックアップ方法を分かりやすく解説

しっかりバックアップができているかどうかは、「最新のバックアップ」の項目で確認することができます。

現在の日時が表示されていたら、無事にバックアップの完了です。

iPhoneを取り外すときは、デバイスマークの右側にある矢印マークを選択し、

【iPhone】iTunesのバックアップ方法を分かりやすく解説

デバイスマークが消えてから取り外すようにしましょう。

 

4.iTunes Storeで購入した音楽や映画をiPhoneにバックアップする方法

iTunes StoreやApp Storeから購入したアプリや音楽、映画などは自動的にバックアップされることはなく、別途で設定が必要になります。

まずは、Store>このコンピューターを認証 を選択します。

スポンサーリンク

【iPhone】iTunesのバックアップ方法を分かりやすく解説

Apple IDとパスワードを入力してください。

【iPhone】iTunesのバックアップ方法を分かりやすく解説

コンピューターを認証させたら、ファイル>デバイス>購入した項目を〇〇から転送 の順に選択していきましょう。

【iPhone】iTunesのバックアップ方法を分かりやすく解説

以上の方法で、iTunes StoreやApp Storeから購入したアプリや音楽、映画などのデータをバックアップすることができます。

 

まとめ

【iPhone】iTunesのバックアップ方法を分かりやすく解説
今回は、失敗しないiTunesのバックアップ方法を分かりやすく解説していきました。

最初は難しいかもしれませんが、数回行えばスムーズにバックアップできるようになるでしょう。

そんなに難しく考えずに、今回の解説を見ながらバックアップ作業を進めていってくださいね。


関連記事

-iTunes, バックアップ

Copyright© iphoneの便利機能まとめ│今すぐ使いたくなる便利機能を紹介 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.