バックアップ

iPhoneの電話帳をバックアップする4つの方法と手順

更新日:

iPhoneの電話帳をバックアップする4つの方法と手順

iPhoneの電話帳はバックアップしていますか?

破損や紛失によって電話帳のメモリが消えてしまったら連絡に困ります。

また、新しいスマホに機種変更しようと思ったときに手間取ってしまいます。

バックアップデータを定期的に更新し、どこにアクセスすればデータを復元できるのか確認しておきましょう。

ここでは、iPhoneの電話帳をバックアップする4つの方法と手順まとめについてご紹介していきます。

 

1. iPhoneの電話帳をバックアップする方法は4つ

iPhoneの電話帳をバックアップする4つの方法と手順

iPhoneの主な電話帳バックアップ方法は、以下4つです。

無料、有料、iPhoneだけ使う方法もあれば、別のアカウントや機器が必要になる場合があります

すでにバックアップする場所が決まっているのなら、それぞれの「手順を確認する」を選び、どの方法がよいのか迷っていれば、以降にあるそれぞれのメリット・デメリットをチェックしてから実践してみてください。

ここでは、iPhoneの電話帳をバックアップする4つの方法についてご紹介していきます。

 

①使っている端末の数や容量、作業の工数を考慮して方法を選ぶ

iPhoneの電話帳をバックアップする4つの方法と手順

iPhoneの紛失やデータ消去のリスクはもちろん、使用頻度の高い端末や、将来的にiPhone以外の機種に乗り換える予定はあるかなどを踏まえて検討します。

また、アクセスする端末が複数ある場合は、どの端末からも簡単にログインできるツールを使うと、いざというときに失敗がありません。

スポンサーリンク

自分のデバイス環境にフィットした方法を選びましょう。

 

②それぞれの方法にメリット・デメリットを把握する

WebでiPhoneの電話帳バックアップ方法を検索すると、さまざまな方法があるのでどれが一番自分に適切かどうか迷ってしまいます。

メリット・デメリットをチェックすれば、ベストなバックアップ方法が見つかりますよ。

 

「iCloud」で電話帳をバックアップした場合

メリット
  • iCloud(クラウドサービス)を使うのでiPhoneのみで操作が可能
  • 基本的にバックアップデータは自動更新される
デメリット
  • Androidに機種変更するとき連絡帳のデータ移行ができない
  • iCloudに空き容量がないと自動バックアップされない(無償5GB)
こんな人におすすめ
  • ずっとiPhoneユーザー
  • 日常で使っている端末はiPhoneがメイン

「iTunes」で電話帳をバックアップした場合

メリット
  • 電話帳以外にも多用なデータをWindowsパソコンと同期できる
  • バックアップ元がWindowsパソコンなのでデータ容量を気にしなくていい
デメリット
  • iPhoneとWindowsパソコンを同期してバックアップする必要がある
こんな人におすすめ
  • iPhoneとWindowsパソコン2つの端末をよく使う
  • iPhoneに写真やビデオ、音楽などのデータが大量にある

「AnyTrans(アプリ)」で電話帳をバックアップした場合

メリット
  • アプリがダウンロードできればどの端末でも電話帳を同期できる
  • 必要な電話帳だけをバックアップできる
デメリット
  • アプリの設定が必要なので初回設定の作業工数が多い
こんな人におすすめ
  • 複数の端末から連絡帳にアクセスしたい
  • データを取捨選択してバックアップしたい

「Wi-Fi内蔵SDカードリーダー」で電話帳をバックアップした場合

メリット
  • インターネット接続がなくてもバックアップデータを持ち歩ける
デメリット
  • 別途機器の購入が必要となる
こんな人におすすめ
  • クラウドサービスやアプリを使いたくない
  • 付加サービス(充電機能や友人とデータ共有)を活用したい

 

2.「iCloud」を使ってiPhoneの電話帳をバックアップする手順

iPhoneの電話帳をバックアップする4つの方法と手順

複数のiOS端末を使っているとき、iCloudでデータを同期するとても便利です。

Wi-Fi環境さえ整っていれば、電話帳はもちろん、メモやカレンダーなどアプリに保存したデータがクラウド上に保存されます。

同じApple IDのアカウントでログインすれば、最新の編集情報が端末に反映されます。

ここでは、「iCloud」を使ってiPhoneの電話帳をバックアップする手順についてご紹介していきます。

 

①iCloudがオンになっている場合の連絡帳バックアップ方法

  1. 3G・4G・LTEではバックアップは行えませんので、使っているiPhoneを「Wi-Fi」に接続します。
  2. iPhoneのホーム画面にある「設定」「自分の名前(Apple ID)」「iCloud」「連絡先」オンにする。
  3. 次に同じ画面にある「iCloudバックアップ」オン「今すぐバックアップを作成」をタップします。
  4. 以降は自動でバックアップが行われ、iPhoneの電話帳が同じApple IDでサインインされている端末に同期されます

※結合=iCloud上データが入っている場合、iPhone内のデータとiCloud上のデータを合わせるというニュアンスです。連絡先が重複してしまう可能性があるので注意しましょう。

ほかの端末で電話帳を編集するとiPhoneにも反映されます。

 

iCloudからiPhoneの連絡先を削除してしまうと、iPhoneの連絡先も削除されてしまうので操作には十分注意しましょう。

 

②​iCloudがオフになっている場合の電話帳バックアップ方法​

iCloud自体がオフになっていると、連絡先はバックアップされません。​

iPhoneを設定したときに作成したApple IDでログインしましょう。

まだApple IDを作っていなければ、新たに設定が必要となります。

※Apple IDの設定方法はこちら

iCloud設定後に①の手順で電話帳のバックアップを作成してください。

スポンサーリンク

 

3.「iTunes」を使ってiPhoneの電話帳をバックアップする手順

iPhoneの電話帳をバックアップする4つの方法と手順

iTunesはお気に入りの音楽や映画をとことん整理でき、その場ですぐにコンテンツの購入やレンタルができるので、すでに活用している方も多いのではないでしょうか?

iTunesに電話帳をバックアップすると、Windowsアドレス帳やOutlookに同期するのも簡単です。

ただし、iCloudの連絡先同期をオンにしている場合は、iTunesを介しての電話帳バックアップはできませんのでご注意ください。

ここでは、「iTunes」を使ってiPhoneの電話帳をバックアップする手順についてご紹介していきます。

 

①iTunesにバックアップする手順

  1. iPhoneとパソコンをケーブルで繋ぎ「iTunes」を起動します。
  2. メニュー下にある「iPhoneアイコン」>「情報」をクリックします
  3. iTunesの中央部にある「連絡先を同期」「(希望の)保存先」「適応」をクリックして完了です。

iTunesを誤操作してしまうと、連絡先データがなくなってしまう可能性があるので十分注意しましょう。

iTunesをまだパソコンにインストールしていない場合は、Apple ウェブサイトより無料でダウンロードできます。

 

②iTunesとiCloudのバックアップ内容の違い

バックアップデータの容量が多いなら、iCloudよりもiTunesがおすすめです。

iCloudの特徴 iTunesの特徴
  • バックアップを iCloud に保管する
  • 最大 2 TB 分のストレージを利用できる (最初の 5 GB は無料)
  • バックアップは常に暗号化される
  • どこからでも Wi-Fi を使ってバックアップを作成および使用できる

Source: Apple Support

  • バックアップを Mac または Windows パソコンに保管する
  • 使えるストレージは、Mac または Windows パソコンの空き容量によって決まる
  • バックアップを暗号化できる (デフォルトでは暗号化なし)
  • Mac または Windows パソコンでバックアップを作成および使用できる

Source: Apple Support

 

4.「AnyTrans(アプリ)」を使ってiPhoneの電話帳をバックアップする手順

iPhoneの電話帳をバックアップする4つの方法と手順

AnyTransは、iOS端末(iPhone・iPad・iPod touchなど)のあらゆるデータをMacとWindowsパソコンで管理できるデータ転送ツールです。​

iTunesのように誤ってコンテンツを上書きしてしまう心配もありません。

例えば、iTunesはコンテンツの存在しない新しい端末で同期してしまうと、紐づいている他の端末のコンテンツを消してしまうリスクがあります。

購入履歴があれば再度復元できますが、再構築するのに手間が掛かります。

AnyTransはiOS端末⇔パソコンというようなペア概念がないので、台数や端末に関わらずバックアップやファイル管理が可能です。

ここでは、「AnyTrans(アプリ)」を使ってiPhoneの電話帳をバックアップする手順についてご紹介していきます。

 

①AnyTransで電話帳をバックアップする手順

  1. パソコンに「AnyTrans」無料ダウンロードしてから起動し、iPhoneとパソコンを接続します。
  2. AnyTrans上にある「連絡先」アイコンをクリックすると、iPhoneの電話帳が自動的に読み込まれます。
  3. 転送したい連絡先を選択して、右上の「PCボタン」をクリックすれば完了です。

②「AnyTrans」はiTunesより柔軟性がある

iPhoneの電話帳をバックアップする4つの方法と手順

データ転送の柔軟性はiTunes以上で、iOS端末同士のデータ転送から、iPhoneからiPhoneにデータをそのままコピーすることが可能です。​

さらに、データは必要なものだけ選択してから転送できるので、時間と手間を省けます。

スポンサーリンク

 

5. 「Wi-Fi内蔵SDカードリーダー」を使って電話帳をバックアップする手順

iPhoneの電話帳をバックアップする4つの方法と手順

バックアップはクラウド利用がメインの昨今ですが、セキュリティを考慮してデータは別に保有したい、別途管理したいという方におすすめしたいのが「Wi-Fi内蔵SDカードリーダー」です。

iPhoneと接続すれば、外出先でiPhoneの充電ができ、さらに撮影した写真や動画を保存するハードディスクとしての役割も持っています。

ここでは、「Wi-Fi内蔵SDカードリーダー」を使って電話帳をバックアップする手順についてご紹介していきます。

 

①「Wi-Fi内蔵SDカードリーダー」で電話帳をバックアップする手順

  1. 購入したWi-Fi内蔵SDカードリーダーにSDカードを挿入します。
  2. 製品に記載されている方法でiPhoneと本体をWi-Fi接続します。
  3. 製品が推奨するアプリをApp Storeでダウンロードし、データ転送・コピーすれば完了です。

 

①iPhoneで使えるSDカードリーダーの選び方

iPhoneで使えるSDカードリーダーには、直接接続して使用する「有線タイプ」とケーブル不要でWi-Fi対応の「ワイヤレスタイプ」があります。

有線タイプは価格が安くてiPhoneとそのまま接続するだけで使えます​が、バックアップができない製品や、バックアップ用に専用アプリのダウンロードが必要なケースがあります。

Wi-Fi対応のワイヤレスタイプは、有線タイプに比べ価格が高く、定期的に充電が必要となります。

しかし、​複数の端末にアクセスしたり、Wi-Fiを利用して友人とその場でデータのシェアができる​ので使い勝手がよいのが魅力です。

 

おすすめWi-Fi内蔵SDカードリーダー3つ

  1. アイ・オー・データ(I-O DATA) SDカードリーダー機能付 無線LANポケットルーター WN-G300SR
  2. TAXAN ワイヤレスSDカードリーダー MeoBankSD HS MBSD-HS-03/MG
  3. アイ・オー・データ(I-O DATA) スマホ充電付 iPhone対応 Wi-Fi SDカードリーダー WFS-SR01

 

おわりに

いかがでしたか?

プライベートはもちろん、ビジネスシーンで電話帳が消えてしまうのは大きな損失です。

iPhoneの電話帳をバックアップする方法はいくつかありますが、なるべく操作が簡単で、定期的に更新できるような端末やコンテンツを選んでみてください。

セキュリティ対策を万全にして、いくつかの方法を併用してバックアップするのもおすすめですよ。


関連記事

-バックアップ

Copyright© iphoneの便利機能まとめ│今すぐ使いたくなる便利機能を紹介 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.