バックアップ

【iphone】アプリを確実にバックアップする簡単な設定&方法

更新日:

【iphone】アプリを確実にバックアップする簡単な設定&方法

現在のスマホ業界には様々なアプリが進出され、とても便利な時代になりました。

連絡手段からゲーム、ショッピング、SNS、動画まで、ほとんどがアプリによるものです。

iPhoneユーザーの皆様は、そんな自分の大切なアプリを定期的にバックアップしていますでしょうか?

もし、アプリをバックアップしないままiPhoneをなくしたり故障したりしてしまうと、アプリ本体はiPhoneに再インストールできたとしても、データを元に戻すことができなくなってしまいます。

そんなことにならないように、定期的にアプリのバックアップデータはとっておきましょう。

今回は、アプリを確実にバックアップする簡単な設定方法を紹介していきます。

 

1.iPhoneのアプリをバックアップする方法は2種類

【iphone】アプリを確実にバックアップする簡単な設定&方法
iPhoneのアプリをバックアップする方法は、基本的には「iCloud」「iTunes」の2種類になります。

基本的に、Windows7以降のパソコンを所持している方はiTunesを、パソコンを所持していない方はiCloudを利用しましょう。

ただしiCloudの利用にはWi-Fi環境が必要になりますので、あらかじめWi-Fiが繋げる環境を作っておいてください。

 

①iCloudでバックアップするメリット・デメリット

【iphone】アプリを確実にバックアップする簡単な設定&方法
iCloudでのバックアップには、どんなメリット・デメリットがあるのでしょうか?

箇条書きでまとめます。

メリット

  • パソコンがなくてもバックアップがとれる
  • クラウド上に保管されるため安心
  • 常に暗号化されるため安心

 

デメリット

スポンサーリンク

  • 無料でバックアップする場合は5GBまでしか容量が使えない
  • Wi-Fiがないと利用できない
  • iTunesに比べてバックアップに時間がかかる

 

②iTunesでバックアップするメリット・デメリット

【iphone】アプリを確実にバックアップする簡単な設定&方法
iTunesでのバックアップには、どんなメリット・デメリットがあるのでしょうか?

箇条書きでまとめます。

メリット

  • ほとんど全てのデータを確実にバックアップすることができる
  • iCloudのように容量に限度がない(パソコンの空き容量によって容量は変動)
  • Wi-Fi環境がなくても短時間でバックアップすることができる

 

デメリット

  • パソコンやケーブルを所持していないとバックアップができない

 

2.iCloudでiPhoneのアプリをバックアップする方法

iCloudでのバックアップは、基本的にiPhoneの端末に保存されているほとんどのデータと設定情報がバックアップされるため、アプリをバックアップする際の特別な設定などは必要ありません。

ただし、バックアップできるアプリはiCloudに対応しているもののみになります。

設定>ユーザー名>iCloudのページで表示されていないアプリのデータはバックアップされないので注意してください。

まずは、設定>ユーザー名>iCloud の順に選択していきます。

【iphone】アプリを確実にバックアップする簡単な設定&方法

次に、iCloudバックアップ をタップし、表示されたメッセージを確認した後「OK」を選択してください。

【iphone】アプリを確実にバックアップする簡単な設定&方法

iCloudバックアップをオンにし、下の「今すぐバックアップを作成」をタップします。

【iphone】アプリを確実にバックアップする簡単な設定&方法

バックアップを作成中…と表示されるので、バックアップが完了するまでそのまま待ちましょう。

【iphone】アプリを確実にバックアップする簡単な設定&方法

バックアップ完了後、「前回のバックアップ」が直近の時間になっていれば正しくバックアップが完了した証拠になります。

スポンサーリンク

【iphone】アプリを確実にバックアップする簡単な設定&方法

因みに、iCloudバックアップをオンの状態にしておくと、下記の条件を満たすことで自動的にバックアップをしてくれるようになります。

  • iPhoneが充電中
  • iPhoneがロック中
  • Wi-Fiに接続されている
  • iCloudに十分な空き容量がある

 

3.iPhoneのアプリをバックアップ!iTunesを使った方法

次に、iTunesを使ったアプリのバックアップの方法を紹介します。

iTunesでのバックアップもiCloudと同様、基本的に端末のほとんどのデータと設定情報がバックアップされますが、iPhone内で購入(ダウンロード)したアプリや音楽をバックアップするためには、別途で設定が必要になるので注意してください。

まずは、データの消失や重複を防ぐため、自動同期の設定をオフにします。

iTunesを起動し、左上のメニューバーから編集>設定>デバイス の順に選択していき、「iPod、iPhone、および iPad を自動的に同期しない」にチェックを入れて「OK」を選択してください。

【iphone】アプリを確実にバックアップする簡単な設定&方法

次に、Store>このコンピュータを認証 の順に選択し、

【iphone】アプリを確実にバックアップする簡単な設定&方法

Apple IDとパスワードを入力し、「認証」を選択しましょう。

【iphone】アプリを確実にバックアップする簡単な設定&方法

「コンピュータの認証が完了しました。」と表示されたら「OK」を選択し、USBケーブルでiPhoneをパソコンに接続して下さい。

ファイル>デバイス>購入した項目を〇〇のiPhoneから転送 を選択しましょう。

【iphone】アプリを確実にバックアップする簡単な設定&方法

iPhoneから購入した項目の転送が開始されるので、完了するまでお待ちください。

【iphone】アプリを確実にバックアップする簡単な設定&方法

アプリの転送が完了したら、あとはいつも通りにバックアップをするだけです。

下記のデバイスマークを選択し、

【iphone】アプリを確実にバックアップする簡単な設定&方法

概要欄の「今すぐバックアップ」を選択すると、バックアップが開始されます。

スポンサーリンク

【iphone】アプリを確実にバックアップする簡単な設定&方法

画面上部にAppleマークが表示されたらバックアップの完了です。

【iphone】アプリを確実にバックアップする簡単な設定&方法

「最新のバックアップ」の項目が直近の時間になっていれば、正しくバックアップが完了した証拠になるのでチェックしましょう。

 

4.バックアップの前に確認!各アプリの“引き継ぎ設定”を忘れずに!

【iphone】アプリを確実にバックアップする簡単な設定&方法
iPhoneのアプリをバックアップする前に、必ずチェックしておいてほしい事項があります。

それは、“引き継ぎ設定”です。

アプリによっては機種変更のデータ移行に特別な設定が求められることがあります。

例えば、代表的なのがLINEです。

機種変更の際、あらかじめメールアドレスの登録やトーク履歴のバックアップを済ませておかないと、新規iPhoneでログインや本人確認が行えずに、これまでのLINEのデータが消失してしまう可能性があります。

LINEだけではなく、そのほかのゲームアプリなどでも引き継ぎ設定が必要なアプリがたくさんあるので、機種変更の際には必ず引き継ぎ設定が必要なのかを確認し、必要であればアプリ内の説明に沿って設定しましょう。

 

まとめ

【iphone】アプリを確実にバックアップする簡単な設定&方法
今回は、アプリを確実にバックアップする簡単な設定方法を紹介していきました。

iCloudは基本的にいつも通りのバックアップで問題ありませんが、iTunesでアプリをバックアップする際は別途で設定が必要になるので注意してください。

また、機種変更の際は各アプリの引き継ぎ設定も忘れずに!

大切なアプリのデータは、こまめにバックアップをとっておくことをおすすめします。


関連記事

-バックアップ

Copyright© iphoneの便利機能まとめ│今すぐ使いたくなる便利機能を紹介 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.